産経ニュース

【舛添知事定例会見録】朝鮮学校補助金見送り判断「都民の納得が最大のポイント」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【舛添知事定例会見録】
朝鮮学校補助金見送り判断「都民の納得が最大のポイント」

定例会見で記者の質問に答える東京都の舛添要一知事=23日、新宿区西新宿の都庁

 「本日より募集を開始いたします。そして3月上旬には募集を締め切りりまして、計画の立案・実現能力などを審査して、プレゼンテーションを経た上で、3月下旬には『事業協力者』を決定いたします」

 「その後に『レガシー委員会』におきまして『事業協力者』などの意見も反映させながら、誰もが憧れ、住んでみたいと思えるようなまちを実現したいと考えております」

 「3点目は『安全安心TOKYO戦略』についてお知らせいたします。今回、東京オリンピック・パラリンピック競技大会の開催も見据えた上で、世界一の都市にふさわしい安全安心の実現を目指し、新たな指針となる戦略を策定いたしました。これは東京の治安の現状なども分析した上で、都民の不安感の解消にも目を向け、今後10年の取り組みの方向性を示したものであります」

 「地域の取り組みに重点を置き、区市町村、警察、企業などと連携を強化するほか、犯罪の取り締まりだけでなく、都民に不安感や不快感を与えるルール・マナー違反なども視野に入れて取り組んでまいります」

 「来年度は緊急対策としまして、いわゆる振り込め詐欺を撲滅するために、自動通話録音機を高齢者世帯へ1万台設置いたします。来週の27日には『東京の安全安心に関するシンポジウム』を都庁で開催し、私も出席いたします」

 「今後、この戦略によりまして、誰もが安全安心を実感できる東京の実現を目指して、行政、警察、地域、企業などの総力を結集して取り組んでまいりたいと思っております」

「ニュース」のランキング