産経ニュース

【日本の議論】女子大生「あんた変なことしたでしょ」警部補逮捕 “服の上から自分の股間いじった”は逮捕事案か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
女子大生「あんた変なことしたでしょ」警部補逮捕 “服の上から自分の股間いじった”は逮捕事案か

警部補と女子大生が口論となった小田急電鉄藤沢駅の改札口付近=神奈川県藤沢市南藤沢

 現段階で、警部補が故意に女子大生への嫌がらせを行っていた可能性は十分にある。一方で、当時の状況が完全には明らかになっていない現状では、警部補が深く考えずに股間を触っていた可能性を否定するのも難しい。

 それでも逮捕に至った理由について、県警のある警察官は「相手に触ったり、露出したわけでもないので、通常なら諭して終わるレベルかもしれない。しかし、彼は警察官であり、逃走もしている。そのため厳しい対応を取ったのではないか」と推測する。

求められる「他人の不快感への想像力」

 「ズボンの上から触っただけで露出もしていない。話を聞く限り、逮捕するような事案ではないと思う」

 「警部補は真実を話すべきだ」と強調した上で、事件について首をかしげるのは、痴漢冤罪(えんざい)の弁護に詳しい佐藤善博弁護士(70)だ。

 佐藤弁護士は「警部補は股間を触ったことを認め、女子大生も目撃していることから、客観的な事実は存在するのだろう。女子大生は不快な気持ちになったのだろうが、仮に股間がかゆかったのでかいていたり、“ポジション”を直していたりしていたのなら過失にとどまる。その場合は罪にならないだろう」と付け加える。

「ニュース」のランキング