産経ニュース

【日本の議論】女子大生「あんた変なことしたでしょ」警部補逮捕 “服の上から自分の股間いじった”は逮捕事案か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
女子大生「あんた変なことしたでしょ」警部補逮捕 “服の上から自分の股間いじった”は逮捕事案か

警部補と女子大生が口論となった小田急電鉄藤沢駅の改札口付近=神奈川県藤沢市南藤沢

 昨年12月、神奈川県藤沢市の小田急電鉄藤沢駅前で、県警大和署地域1課に所属する男性警部補(43)が、県迷惑行為防止条例違反(卑わいな言動)の容疑で現行犯逮捕された。警部補はその直前、小田急江ノ島線の普通電車内で座席にいた女子大生(21)の前に立ち、服の上から自らの股間付近を触っていた。警部補は行為を認めているが、触っていた理由や当時の状況などの捜査は継続中で、故意ではなかった可能性も残されている。「故意」か「不注意」か-。識者の間でも「逮捕」をめぐって見解が分かれるなど、痴漢事件を扱う難しさが改めて浮き彫りとなった形だ。(小野晋史)

“ことさらに”股間を触る

 県警によると、事件は昨年12月22日午後5時54分ごろから同6時13分ごろまでの間、小田急電鉄江ノ島線大和-藤沢駅間を走行中の下り普通電車内で起きた。

 このとき警部補は背広にコート姿で、女子大生の前に立って左手で吊革を持ち、右手をズボンのポケットに入れて、股間付近を「ことさらに」(県警関係者)触っていたとされる。

 女子大生は相模大野駅から乗車。藤沢市に住む警部補は1人で帰宅するために途中の大和駅で乗車し、座席にいた女子大生の前に立った。当時は夕方のラッシュ時で車内は混雑していたが、相模鉄道や横浜市営地下鉄との乗換駅である湘南台駅で多くの乗客が下車。その後はいくつか空席もできたが、警部補は女子大生の前から動かなかったという。

「ニュース」のランキング