産経ニュース

【スポーツ異聞】リストラが始まった凋落サムスン…スポーツ支援も打ち切りで「韓国はラグビー代表を編成できない」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【スポーツ異聞】
リストラが始まった凋落サムスン…スポーツ支援も打ち切りで「韓国はラグビー代表を編成できない」

 韓国最大の財閥、サムスン・グループが傘下のスポーツチームに対する厳しいリストラに取り組み、韓国スポーツ界に衝撃が走っている。韓国紙・朝鮮日報(電子版)が1月7日で報じた。すでにラグビー部の廃部が決定。このほかにテコンドー、卓球、レスリング、バドミントン、陸上なども廃部の可能性があるとみられ、韓国が今後、国際大会で活躍できるか危機感を募らせる。グループの総売上高が韓国の国内総生産(GDP)の20%近くを占めるといわれるだけに、少額のチーム維持費と対比して「やり過ぎ」などの批判が相次いでいるというが、企業にどっぷりと依存した韓国スポーツ界の現状が垣間見えた格好だ。

 朝鮮日報によると、韓国ラグビー協会が1月6日に開いたラクビー部存続を求めた記者会見は悲壮な雰囲気が漂ったという。そして、高校生選手が五輪に出場する夢を持ち続けられるようサムスンのサポートを要請すると、会場から大きな拍手が起きたと伝える。

 「韓国経済を1社で支えている」と評される財閥企業の筆頭であるサムスン。しかし、ロイター通信が昨年10月30日に報じた2014年の第3四半期決算の経常利益は、前年同期比60.1%減の4兆1000億ウォン(約4305億円)で3年ぶりの低水準と決して良好とはいえない。特にグループの中核企業であるサムスン電子が安価な中国製スマートホンの台頭や、アップルの新製品などに押されて世界の各市場でシェアを落とし、14年7~9月期の営業利益が前年同期比で59.6%減になったのが不振の要因に挙げられている。

「ニュース」のランキング