産経ニュース

【千葉の議論】「道路壊れた」「ヘビ出た」…街走り回った松戸市「すぐやる課」の45年

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【千葉の議論】
「道路壊れた」「ヘビ出た」…街走り回った松戸市「すぐやる課」の45年

元市長・松本清氏の書は、すぐやる課の45年間変わらぬ指針だ=松戸市役所

 反応が鈍いお役所仕事の追放を目指し、千葉県松戸市に昭和44年に作られた全国初の困りごと即応組織「すぐやる課」が開設45年を迎えた。市民の要望を受けて処理する件数は年間3千件ほどで、累計では14万件を超えた。害獣駆除の急増など45年間で仕事の中身は変化したが、「困っている市民を助ける」精神は不変だ。14代目に当たる小島由紀夫課長(59)ら職員9人は、道路の応急修理やスズメバチの巣撤去に市内を走る。(江田隆一)

 「すぐやる課」生みの親はドラッグストア「マツモトキヨシ」創業者で、市政改革に取り組んだ当時の松本清市長。「市民の要望がたらい回しにされている」と考えた松本氏は、部署にとらわれず市民の困りごとに対処する「すぐやる課」を昭和44年10月6日に誕生させた。10月4日の設置条例案可決から2日後の開設という「すぐやる課」らしい早業だった。

 課の事務室は現在と同様の市役所旧館2階で、当時は市長室がそばにあった。市職員になる前は自衛官だった行動力から抜擢(ばってき)された初代の臼井銀次郎課長は、対応に迷うと市長室に駆け込んだという。

 最初に寄せられた要望は「子供が熱を出したのに剣道大会に行っている夫と連絡が取れない」というもの。携帯電話のない時代ならではの要望に、臼井課長が夫を探し出したのはいうまでもない。

 松本市長は昭和48年に64歳で、臼井課長も翌年54歳で死去。2人の情熱を忘れないようにと課の壁には「すぐやらなければならないもので すぐやり得るものは すぐにやります」の松本市長の書がかかる。

このニュースの写真

  • 「道路壊れた」「ヘビ出た」…街走り回った松戸市「すぐやる課」の45年

「ニュース」のランキング