産経ニュース

【神奈川のノーベル賞候補 新春インタビュー(3)】細野秀雄さん 「鉄系超伝導」も特別ではない 先入観排す“現代の錬金術師”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【神奈川のノーベル賞候補 新春インタビュー(3)】
細野秀雄さん 「鉄系超伝導」も特別ではない 先入観排す“現代の錬金術師”

東京都立大(当時)に在学中の細野秀雄さん(左)。右は指導教員だった現東京工業大名誉教授の川副博司さん(細野さん提供)

 金属を一定の温度以下に冷やしたとき、電気抵抗がゼロになる「超電導」。12年後に開業し、東京と名古屋を40分で結ぶリニア中央新幹線でも使われる現象の研究で世界をリードするのが、東京工業大の細野秀雄教授(61)だ。研究対象は超電導にとどまらず、ナノ(100万分の1ミリ)レベルで物質の構造を組み替えるなどして、画期的な新素材をいくつも開発。「現代の錬金術師」と評する声もある。

 ■新たな鉱脈

 昭和57(1982)年に28歳で名古屋工業大助手となってから、30年以上にわたって材料研究を続けてきた。平成20年、従来の常識を覆し、鉄を主成分とした化合物(鉄系物質)でも“高い温度”で超電導となることを英科学誌「ネイチャー」に発表。それまで研究されてきた銅系物質(セラミック)とは別に、実用化を視野に入れて超電導物質を探す新たな鉱脈として、国際競争に火を付けた。

 細野さんはもともと、超電導専門家ではなかった。セメントの原料から金属を作ったり、スマートフォンに使われる透明な半導体物質を開発するなど、新素材の研究に打ち込んでいた。

 鉄系物質が超電導となることを発見したのは、半導体に磁石の性質を持たせる研究をしていたときだった。鉄を主成分とした化合物に含まれるイオンの種類を置き換え、電気的性質を変えようとしたところ、超電導性質を示したという。

 「鉄系高温超電導物質」の発見を機に、毎年ノーベル物理学賞候補として挙げられるが、細野さんは「受賞を意識したことなど全くない」と軽く受け流す。

 「鉄それ自体と、鉄の化合物では性質が異なる。だから、仮に鉄が超電導にならなくても、鉄の化合物は超電導になりうると思っていた。なぜこんなに驚くのかと不思議だった」

 発見当時の周囲の反応が意外だったと振り返る。

このニュースの写真

  • 細野秀雄さん 「鉄系超伝導」も特別ではない 先入観排す“現代の錬金術師”

「ニュース」のランキング