産経ニュース

【衝撃事件の核心】また「東工大」で研究費不正 7000万円詐取“異色経歴教授”の金への執着

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
また「東工大」で研究費不正 7000万円詐取“異色経歴教授”の金への執着

 研究費の架空請求が発覚したのは、またも東京工業大学だった。業者と結託して国から交付された研究費をだまし取ったとして、詐欺容疑で、元教授の岡畑恵雄被告(67)ら3人が逮捕、起訴された事件。平成23年に当時の副学長らによる同様の架空請求が発覚したが、岡畑被告はその後も裏金づくりを続けていた。総額は7000万円に上るとみられる。学内で「研究熱心」と評された元教授は裏金づくりにも“熱心”だったようだ。

自ら業者に持ちかけ、10年以上の蜜月関係

 話は少なくとも10年以上前に遡(さかのぼ)るる。東工大の教授として、水晶を使ったセンサーを開発するなど着実な研究生活を送っていた岡畑被告。かねてから実験用試薬の納入などで懇意にしていた東京都内の化学製品販売業者「東光化成」の担当者に、こう持ちかけた。

 「試薬を発注したことにしてくれないか」

 嘘の発注による架空請求は、当時から他の大学でも横行していた悪弊だった。

 仕組みはこうだ。岡畑被告は、東光化成と結託して試薬などを発注したとする嘘の請求書を作成。大学などから研究費を引っ張り出し、支払った代金を東光化成に管理させる。「預け金」と呼ばれる不正経理で、裏金づくりの典型的な手法だ。岡畑被告が私的に使ったり、東光化成側も事業の運転資金に充てたりする蜜月関係は25年ごろまで続いたが、東光化成側の申し出で終わったという。

「ニュース」のランキング