産経ニュース

【年末記者ノート】軍艦「多摩」沈没から70年で初の慰霊祭 薄れる戦争の記憶

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【年末記者ノート】
軍艦「多摩」沈没から70年で初の慰霊祭 薄れる戦争の記憶

軍艦多摩戦没者慰霊碑の前で行われた初の慰霊祭=10月、東京都府中市の大国魂神社

 先の大戦で沈んだ軍艦「多摩」の初めての慰霊祭が10月25日、東京都府中市にある大国魂神社で行われると聞いたとき、正直、意外な気がした。「沈没した軍艦は、関係者によって手厚く慰霊されている」と思い込んでいたからだ。

 多摩は、旧海軍の軽巡洋艦で球磨型の2番艦。大戦末期の昭和19(1944)年10月25日、フィリピン沖で米潜水艦による魚雷攻撃を受けて沈没し、440人とされる全乗組員が亡くなった。だが、その慰霊祭がこれまで一度も行われたことがなかったというのだ。

 意外だったことは他にもある。大国魂神社は「慰霊祭には少しでも多くの遺族、元乗組員ら関係者に参列してもらいたい」との思いで準備を進めたが、作業は困難を極めたそうだ。

 「遺族と連絡を取ろうにも、乗組員名簿が見つからない。防衛省や厚生労働省には名簿があるはずと考え、問い合わせてみたが、個人情報は出せないといわれてしまった」。このため、担当者は遺族と思われる人物を一人一人、インターネットで調べて電話をかけたり、入手可能な戦没者名簿から関係がありそうな名前を見つけては手紙を出したりと、地道な作業を続けた。それでも、これまでに氏名などを特定できた沈没時の乗組員は30人ほどしかいない。

 初の慰霊祭が行われた10月25日は沈没からちょうど70年。あまりに長い年月がたち、国のために戦って亡くなった人の記憶は薄れるばかりだ。だが、慰霊祭の中心人物である大国魂神社氏子青年崇敬会の室井敦会長は言う。「今の日本があるのは、国のために命を懸けた先人たちがいたから。私たちは、その記憶を次の世代に伝えていかなければならない。今回の慰霊祭をそのきっかけにしたい」

「ニュース」のランキング