産経ニュース

【日本の議論】「富士山が噴火したら」…御嶽山噴火をまたぎ、富士吉田市の中学生が真剣議論

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
「富士山が噴火したら」…御嶽山噴火をまたぎ、富士吉田市の中学生が真剣議論

富士山が火山活動を再開したら何をすべきか。中学生が4カ月間徹底議論した内容を「2014火山砂防フォーラム」で発表した=山梨県富士吉田市の富士山ホール

 富士山が火山活動を開始し、災害が発生したとき、どう地域と関わり、何をすべきか-。今年7月から4カ月間、山梨県側の富士山のふもとにある富士吉田市立吉田中学校1年生が、当地の堀内茂市長から3つのミッション(使命)を受け、議論を重ねて「中学生にできる取り組み」をまとめた。取り組み内容は全国の活火山周辺31市町村が中心となり、11月6日に同市で開いた「2014火山砂防フォーラム」で発表された。

 依頼されたミッションは、(1)富士山噴火にリアリティー(現実味)を持ってもらうにはどうしたらよいか(2)災害弱者の幼児、高齢者を安全にすみやかに避難させることができるか(3)避難所生活を送ることになったとき、市民の心をひとつにして暮らし続けるためにどうしたらよいか-についてまとめることだった。中学生は7月中旬からまず、クラス単位でNPO法人土砂災害防止広報センターの講師や山梨県富士山科学研究所の研究員らを招き約10時間、富士山噴火について学び、基礎知識を得た。この中では富士山噴火史に触れ、富士山の大噴火は15万年前が最古とされていたが、30万年前に大噴火があったことや、宝永噴火(1707年)では江戸に火山灰が積もったが、吉田中がある富士吉田市上吉田辺りに降灰がなかったことを知った。富士山が噴火したとき、やみくもに逃げるのではなく、風向きが大事であることを学んだ。女子生徒の1人は「噴火は怖い。でも噴火のメカニズムを知ることで、避難方向を選べば影響が少ないことが分かった」と話していた。こうした学習が生徒たち自身のリアリティー醸成となったようだ。

「ニュース」のランキング