産経ニュース

【挿絵で振り返る『アキとカズ』】(38)「拉致」を吹っ飛ばした、成田空港「管制塔占拠事件」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【挿絵で振り返る『アキとカズ』】
(38)「拉致」を吹っ飛ばした、成田空港「管制塔占拠事件」

「アキとカズ」第217回(西口裕之)

 産経新聞の連載小説『アキとカズ』は物語を「1978年の東京」に舞台を移している。元号ならば昭和53年。それはどんな年であったか。

 今やテレビの音楽番組は見る影もないが、この年1月にはTBS系の「ザ・ベストテン」がスタート。「サウスポー」(ピンク・レデュー)「プレイバックPart2」(山口百恵)などがヒットした。4月にはキャンディーズが後楽園球場で解散コンサートを開催。6月には、サザンオールスターズが「勝手にシンドバッド」でメジャーデビューしている。

 国政を担当していたのは、ほぼ1年にわたって福田赳夫内閣。4月には、大韓航空機がソ連領空を侵犯したとして銃撃され(15人死傷)、8月には日中平和友好条約が調印された。

 冷戦下の東西対立がまだまだ激しい時代である。3月26日には開港を4日後に控えた新東京国際空港(現成田空港)の管制塔が、空港反対派に占拠され、管制機器をメチャメチャに壊されるという日本を揺るがす大事件が起きた。

 成田空港をめぐる反対闘争が当時、どれだけ激しかったか。最近公開されたドキュメンタリー映画『三里塚に生きる』(大津幸四郎監督)に詳しい。地元農民に過激派が加わった反対派は、機動隊と激しく激突。互いに死者まで出す一大社会問題となった。

このニュースの写真

  • (38)「拉致」を吹っ飛ばした、成田空港「管制塔占拠事件」
  • (38)「拉致」を吹っ飛ばした、成田空港「管制塔占拠事件」
  • (38)「拉致」を吹っ飛ばした、成田空港「管制塔占拠事件」
  • (38)「拉致」を吹っ飛ばした、成田空港「管制塔占拠事件」

「ニュース」のランキング