産経ニュース

【経済インサイド】雨で機能停止する韓国原発は大丈夫か…部品も偽造する安全意識、それでも世界に輸出される現実

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
雨で機能停止する韓国原発は大丈夫か…部品も偽造する安全意識、それでも世界に輸出される現実

 実際、韓国の官民挙げての受注活動に、日本は原発輸出で劣勢に立たされている。日本勢は09年12月末、アラブ首長国連邦(UAE)の原発受注で韓国の企業連合に敗れた。

 当時の李明博大統領が直轄チームを率い、ムハンマド皇太子に電話攻勢をかける力の入れようで、トップセールスを含め原発輸出を強化している。

 原発の受注額は周辺の施設も含めれば、1つのプロジェクトで1兆円規模に達する大型案件だ。原発輸出が増えれば、その経済効果は計り知れない。

 だが、ひとたび原発事故が起これば、放射性物質の拡散など影響は国境を越えかねず、安全性は最も優先されなければならない。今年11月には古里原発と隣接する新古里原発で放射性物質が外部に流出する重大事故が起きたとの想定で、日中韓が初めて一緒に原発事故の訓練を行ったほどだ。

 韓国が経済的な理由で原発輸出を積極的に進めるのは勝手だが、安全意識の欠如や隠蔽体質までも輸出するのは許されない。

「ニュース」のランキング