産経ニュース

【日本の議論】進化するIT教育、子供たちも「タブレット1人1台」時代に…学校側の課題も山積、“宝の持ち腐れ”も

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
進化するIT教育、子供たちも「タブレット1人1台」時代に…学校側の課題も山積、“宝の持ち腐れ”も

IT授業でタブレットを操作する児童たち=12月8日午後、東京・杉並区立天沼小学校(川瀬弘至撮影)

枕草子もデジタル化

 教科書会社でも、タブレットなどの活用を想定したデジタル教材の開発に力を入れている。

 光村図書は、小学生高学年向けの「古典・漢文」をデジタル教材化。たとえば、「枕草子」冒頭の「春はあけぼの。やうやう白くなりゆく山ぎわ…」との音読に併せ、薄明るい幽玄な山脈の映像が映し出され、児童らが文章の意味をイメージしやすい工夫が施されている。漢文には中国語での音読機能があり、韻を踏む漢詩の美しさを味わえるようになっている。

 「文字と音と映像、3つの要素で同時に子供たちに働きかけることで、より実践的な学習効果が期待でき、深く調べることへの意欲を引き出せるのではないか」と担当者。

 東京書籍の英語のデジタル教科書には、音声スピードを3段階調整できる機能があり、個々の習熟度に合わせた学習が可能だ。

宝の持ち腐れ?

 一方、急速なIT化に、学校現場が追いついていない面もある。

 会計検査院は今年10月、国の補助金で学校に配備された電子黒板のうち、多くが活用されていないとして、文科省に是正を求める意見を表示した。

このニュースの写真

  • 進化するIT教育、子供たちも「タブレット1人1台」時代に…学校側の課題も山積、“宝の持ち腐れ”も
  • 進化するIT教育、子供たちも「タブレット1人1台」時代に…学校側の課題も山積、“宝の持ち腐れ”も

「ニュース」のランキング