産経ニュース

【日々是世界】「元側近」人事介入疑惑で大揺れ「朴槿恵・韓国」 目に余る綱紀の乱れ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日々是世界】
「元側近」人事介入疑惑で大揺れ「朴槿恵・韓国」 目に余る綱紀の乱れ

7日、ソウルの大統領府で開かれた与党セヌリ党幹部らとの昼食会であいさつする朴槿恵大統領。元側近の人事介入疑惑に絡み、「チラシにでも出てくるような(疑わしい)話に国全体が揺さぶられるのは恥ずかしいことだ」などと語った(聯合=共同)

 韓国の朴(パク)槿恵(クネ)大統領(62)の元側近、鄭(チョン)允会(ユンフェ)氏(59)らの人事介入疑惑の特ダネ(11月28日付)を報じた韓国紙、世界日報の社長らが名誉毀損(きそん)で告訴され、検察も本格的な捜査を始めた問題をめぐり、韓国内では朴槿恵政権に対する批判が高まっている。

「大統領はまだ問題の深刻さを理解していない」

 保守系紙、朝鮮日報(電子版、11月29日)の社説は、「(鄭氏は)現政権で公式には何の職責も与えられていないが、それにもかかわらず大統領府秘書官らと定期的に会い、現職の秘書室長辞任の時期を勝手に決め、これに必要な事前の工作まで指示したというのだから、これはにわかに信じられない内容だ」としながらも、「現政権の綱紀の乱れが本当にここまで進んでいたとするなら、これは政権次元の話ではなく、国家の基盤をも揺るがす深刻な事態だ」と指摘した。

 朝鮮日報は12月3日の社説でも、人事介入疑惑の調査に関わり、疑惑を韓国メディアなどに証言した韓国大統領府の元公職紀綱秘書官、趙(チョ)応天(ウンチョン)氏(52)を取り上げ、「大統領府は趙氏が指摘した3人組(朴大統領の最側近とされる秘書官3人)の越権疑惑と人事の問題について明確に説明し、問題があればそれを正さなければならない。ところが大統領府はこの問題から顔を背け、趙氏に対しては『外から一方的に主張するのではなく、検察の捜査に協力すべきだ』としている。これは誰が見ても責任逃れだ。大統領府はいまなおこの問題の深刻さについて理解できていないということだ」と批判している。

このニュースの写真

  • 「元側近」人事介入疑惑で大揺れ「朴槿恵・韓国」 目に余る綱紀の乱れ

「ニュース」のランキング