産経ニュース

【北海道検索中】B級グルメ「ゲソ丼」 イカ足の空揚げに風味

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【北海道検索中】
B級グルメ「ゲソ丼」 イカ足の空揚げに風味

北海道・旭川に昔からあるB級グルメ「ゲソ丼」

 安く、庶民的で、おいしいB級グルメで活性化を図っている地域は多い。北海道でもさまざまな場所に、新たに注目されているB級グルメがある。

 なかでも今話題なのが、旭川のゲソ丼だ。イカの足をかたくり粉にまぶして揚げた丼もので、値段も安く、旭川では昔からそばやうどんと一緒に食べられていたという。

 旭川で活躍するフードプロデューサーの田口忠臣さん(51)は「最近では、若鶏の半身を素焼きにして味付けした新子(しんこ)焼きが話題になりました。新子焼きもゲソ丼も昔からあり、ゲソ丼は市内の20店舗くらいで出されています」と話す。

 道内でも他の地域ではゲソ丼というものは聞かないが、旭川市内では立ち食いのそば屋さんなどで昔から出されていたという。

 「一説には、ゲソ丼は(近隣の)岩見沢が発祥ともいわれているが、詳しくは分からない」と田口さん。

 そばやうどんとのセットでも500円ほどと安い。「これを食べるだけで満腹になりますしね」。

 味を選べるようで、田口さんに勧められた「塩だれ」と「ねぎ」で食べてみたが、確かに、少し脂っこいので、それほど沢山は食べることができない。載っているのは、居酒屋でおなじみのゲソの空揚げであり、おいしいのだが、想像した通りの味ではある。

 「3、4年前に、全国でご当地ものが話題になり、旭川では新しい米粉を使った麺などが出てきたが、それよりも昔からゲソ丼の文化があり、それが次第に話題になった」。

 個人的にゲソ丼を応援しており、ゲソ丼のことなら田口さんに聞けば分かるといわれる。「最初は不思議な食べ物だなと思っていた」田口さんだが、「B級グルメでも、何か新しいものを作るのではなく、こうしたゲソ丼のような昔からその地方にあるものがいいのではないか」。

 旭川の食について語らせると、この人の右に出る人はいない。食に関するブログ「味の道場 とらの穴」も大好評だ。

このニュースの写真

  • B級グルメ「ゲソ丼」 イカ足の空揚げに風味
  • B級グルメ「ゲソ丼」 イカ足の空揚げに風味
  • B級グルメ「ゲソ丼」 イカ足の空揚げに風味

「ニュース」のランキング