産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】売り手市場で“協定破り”の企業続出 すでに内定が出ている2016年卒

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
売り手市場で“協定破り”の企業続出 すでに内定が出ている2016年卒

 2016年卒の就職活動がどのように進むか予想すると下記が考えられる。個人な見解であるためそうではないことを願うが、大企業志向の強い学生は、このような危険を秘めていることを理解してほしい。

インターンは就職ナビを使用し学歴不問

 就職ナビは就職活動の入り口として使われる。企業理解が浅い大学3年生の早い時期は、就職ナビを活用して企業はインターンシップなど企業の存在感を高めようとする。早期から動き出している学生は意識が高く、仕事においても活躍できる可能性が高い層が多い、また早期から動き出す学生には優秀な学生が多いと考える企業が多いことから、インターンでは学歴不問で行動力のある優秀な学生を見極め、採用する動きが増えるのではないか。

本選考は学歴によって選別

 企業がターゲットとする大学は、旧帝大や早稲田、慶応、上智、GMARCH(学習院、明治、青山学院、立教、中央、法政)、関関同立(関西、関西学院、同志社、立命館)レベルが上位を占める。学歴不問と言いながら、エントリーシートの段階で非ターゲット校の学生は足切りされることが予想できる。企業によっては学歴で判断し、その他の大学に所属する学生は面接すら受けることができない状況が予想できる。

「ニュース」のランキング