産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】売り手市場で“協定破り”の企業続出 すでに内定が出ている2016年卒

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
売り手市場で“協定破り”の企業続出 すでに内定が出ている2016年卒

 このように学生の動き方と反比例して企業は早期に動き出しているのである。新卒の就職活動の状況としては、足元の新卒採用市場は急激に売り手市場化している。そのため企業の人材争奪戦は激しさが増すことが予想される。競争に勝つためには企業は繰り下げられたスケジュールなどは待っていられない。結局のところ就職活動の早期化・長期化になってしまうのである。

 選考をまだ始められない企業も「母集団の形成」(自社の求人に興味や関心を持っている学生を集めること)に注力している。いち早く学生に自社の理解を深めてもらおうとインターンシップを実施し、大学主催のイベントに企業が参加するケースが多くなる。本来であれば2016年卒の新卒採用広報は来年3月に解禁となる。しかしそれよりも前に、学生に自社の存在をアピールしたいという企業は後を絶たない。就活情報サイトのリクナビ2016のプレオープンでは企業のインターンシップの情報掲載が過去最高の約2700社にまで上っている。

 ターゲット採用を導入している企業も多い。上述したように企業は、来年の3月までに直接学生にアクセスできない。そのため3月までに優秀な学生に効率的にアクセスしたいと考える。その結果、企業は上位の大学でセミナーを開催するなど、大学によっても企業の対応に差が出てしまうのだ。学歴がある学生や早くから活動を開始している学生とそうでない学生で二極化してしまうのである。

「ニュース」のランキング