産経ニュース

【プロが指南 就活の極意】売り手市場で“協定破り”の企業続出 すでに内定が出ている2016年卒

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【プロが指南 就活の極意】
売り手市場で“協定破り”の企業続出 すでに内定が出ている2016年卒

 就職活動に対する学生の意識差が広がっている。意識が高い層は、インターンシップに参加し、OB・OG訪問で企業理解を深めるなど積極的な活動をしている。しかし、意識が低い層は、就職活動に対して何も取り組んでいない。内定塾が主催する無料体感セミナーに参加する学生に聞いたところ「先輩たちが複数内定を獲得し、早々に内定をもらっているから自分たちも内定は獲得できるだろう」「就活のスタートが来年3月となるため、まだ動く必要はない」と答える学生が多い。

 事実、MARCH(明治、青山学院、立教、中央、法政)レベルの大学関係者は、学生の動き出しが非常に遅いと話している。就活ガイダンスを実施しても去年200人参加していたが、今年は半分程度しか参加していないとのこと。理由として、就職活動の時期後ろ倒しが大きく影響していると考えているようだ。このように2016年卒の就職活動に対する動き出しは非常に遅いといえる。

 経団連の指針が本当であれば、今の時期は就職活動のことを考えずに学業や学校生活を優先して、大学生としてさまざまな取り組みを行うことが可能な時期のはずである。

 しかし、既に2016年卒の選考はスタートしている。外資系の企業やコンサル、IT企業などだ。選考だけではなく内定を出している企業も存在する。驚くことに外資系の企業やIT企業に限らず、経団連に所属している企業も内定を出している企業がある。来年の8月まで内緒にしていることを条件として内々定を出しているのだ。

「ニュース」のランキング