産経ニュース

【福島第1原発】「非常時に実験するな!」東電断念「氷の壁」の泥縄 ネットは酷評の嵐

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【福島第1原発】
「非常時に実験するな!」東電断念「氷の壁」の泥縄 ネットは酷評の嵐

福島第1原発4号機の外に設置されている「凍土遮水壁」をつくるための凍結管=福島県大熊町(宮崎裕士撮影)

 東京電力福島第1原発の廃炉作業で、汚染水が滞留している場所を凍らせてふさぐ「氷の壁」が失敗した。4月から始めた凍結は、氷やドライアイスを入れても効果がなく、7カ月近くも時間を無駄にした。ネットの掲示板では「非常時に実験するな」「だから最初から言ったのに」などと酷評が飛ぶ。有識者は当初から凍らないと指摘していたのになぜ東電は断行し、なぜいま断念したのか。(原子力取材班)

「何だったのか」あきれる規制委

 「凍結止水というのは一体何だったのか。これ以上不満を言っても仕方がない。次のステップへ進んでいいのか」

 11月21日の原子力規制委員会の検討会合。東電が「氷の壁」だけでの止水の断念を報告すると、規制委の更田(ふけた)豊志委員はあきれ顔でこう話した。

 福島第1原発2号機のトレンチ(地下道)には平成23年3月の事故直後から約5000トンの高濃度の汚染水がたまっている。トレンチは海に近く、流れ出す危険が大きい。このため当初、トレンチの接続部を「氷の壁」で凍らせて水を止めた上で、トレンチ内の汚染水を全て抜き取る計画だった。

 しかし、なかなか凍らない。凍結を開始したのは4月。温度がなかなか下がらないため、7月からは作業員が氷やドライアイスをスコップでトレンチに流し込むという“原始的な方法”も試してみたがダメだった。氷は1日15トン、最大27トンにした日もある。しかもドライアイスが配管に張り付いて詰まらせるといったお粗末な対応も露見した。

このニュースの写真

  • 「非常時に実験するな!」東電断念「氷の壁」の泥縄 ネットは酷評の嵐

「ニュース」のランキング