産経ニュース

【衆院選2014】「公明は『げたの雪』ではない。『げたの鼻緒』だ」党首インタビュー(4)公明・山口代表

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衆院選2014】
「公明は『げたの雪』ではない。『げたの鼻緒』だ」党首インタビュー(4)公明・山口代表

インタビューに答える公明党の山口那津男代表=東京都新宿区の党本部(野村成次撮影)

橋下氏が出馬したとしても…

 --安倍晋三政権に点数を付けるとすれば

 「点数で表現するのは難しいが、かなり成果を上げている。ただし、道半ばだ」

 --なぜ今、衆院解散なのか

 「来年10月に予定していた消費税率10%への引き上げを1年半延期し、同時に軽減税率の導入を目指す。その実現のために経済再生、デフレ脱却をさらに強く推進する。この2点を実行できるのは、自公連立政権しかないという政権選択を問う選挙だ。法律で決まっていた消費税率10%への引き上げの日程を変え、低所得者対策の選択肢として軽減税率の導入を目指す。財政健全化との関係で増税の再延期はしない。こうした新たな枠組みは法律を改正し、国会で審議しなければならない。その前提として国民に信を問い、理解を求めることは民主主義の大切なプロセスだと思う。解散の大義は十分にあると思っている」

 --今、一番欲しいものは

 「軽減税率だ」

 --衆院選での獲得目標議席は

 「全員当選を目指し、(解散時の31議席の)さらに議席の上乗せを図りたい」

このニュースの写真

  • 「公明は『げたの雪』ではない。『げたの鼻緒』だ」党首インタビュー(4)公明・山口代表
  • 「公明は『げたの雪』ではない。『げたの鼻緒』だ」党首インタビュー(4)公明・山口代表
  • 「公明は『げたの雪』ではない。『げたの鼻緒』だ」党首インタビュー(4)公明・山口代表

「ニュース」のランキング