産経ニュース

【日本の議論】NHK報道スタンスが変わった? 「籾井効果」か…「政府寄り」怒る市民団体、番審は「バランスよくなった」 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
NHK報道スタンスが変わった? 「籾井効果」か…「政府寄り」怒る市民団体、番審は「バランスよくなった」 

「放送を語る会」が開いたシンポジウムでは、「籾井会長NO!NHKを市民の手に」と書かれた巨大なポスターが掲出されていた=11月16日、東京都内

 モニター結果では、テレビ朝日系「報道ステーション」やTBS系「NEWS23」について「(政府に)批判的な見解も併せて組み込んでいる」「市民の抗議行動を伝え、参加者の声も丁寧に紹介した」などとおおむね評価する一方、NHKの報道を疑問視。「国会外の批判的な見解は取り上げられていない。抗議デモなど市民の行動にも極めて冷淡である」などと指摘した。

「批判」の扱い方に注文も

 こうした指摘に対し、あるNHK幹部は「国会の議論を伝える際、与党の話にある程度の時間を割くのは自然なこと。反対の立場の意見も伝えている」と反論する。また、このモニター報告には、「NHKスペシャル」や「日曜討論」「時論公論」などの番組は含まれていなかった。

 一方、NHKが学識経験者らに番組内容のチェックを依頼している「NHK中央放送番組審議会(中央番審)」では、委員を務める新聞社幹部や学識経験者らから、集団的自衛権を取り上げた「Nスペ」などを評価する声が上がっている。

「ニュース」のランキング