産経ニュース

【日本の議論】NHK報道スタンスが変わった? 「籾井効果」か…「政府寄り」怒る市民団体、番審は「バランスよくなった」 

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
NHK報道スタンスが変わった? 「籾井効果」か…「政府寄り」怒る市民団体、番審は「バランスよくなった」 

「放送を語る会」が開いたシンポジウムでは、「籾井会長NO!NHKを市民の手に」と書かれた巨大なポスターが掲出されていた=11月16日、東京都内

 この男性の言う「広報番組」がどの番組を指しているかは定かではなかったが、籾井会長が今年1月、就任会見で「政府が右というものを左というわけにはいかない」などと述べたのを受け、男性は「腹に据えかねた」として受信料を払っていないことを表明。「友人は『NHKは権力の手先だ』といって受信料を払わない人も多いが、私はこの数十年、払ってきた」「(支払い再開の)最低条件は籾井さんが辞めることだ。何としても市民の力でNHKを取り戻したい」などと訴えた。

「報ステ」「NEWS23」を評価

 「放送を語る会」は昭和63年、昭和天皇の病状を連日伝えたNHKの報道に対し、局内から「過剰だ」「大本営発表ではないか」といった反発が高まったことを契機に、NHK職員が中心となって発足した。

 同会は今年8月末、集団的自衛権をめぐってNHKや民放の主な報道内容(5月15日~7月6日)を比較したモニター結果を公表。NHKの「ニュースウオッチ9」など3番組を検証した結果、特に5月15日~7月1日の「ニュースウオッチ9」では「政府与党の主張の紹介が放送全体のおよそ7割を占めている」として、「際立って政府広報的な報道姿勢が明らかになった」と指摘している。

「ニュース」のランキング