産経ニュース

【番頭の時代(6)】「スカイライン」ブランド廃止 番頭「志賀俊之」は真っ向から外国人役員に食ってかかった

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【番頭の時代(6)】
「スカイライン」ブランド廃止 番頭「志賀俊之」は真っ向から外国人役員に食ってかかった

ゴーン氏に出会った当初から〝女房役〟が自らの役割だと自覚したという志賀俊之氏。最高執行責任者(COO)に就任した当時の志賀氏㊧と、ゴーン氏=平成17年2月21日

 仏ルノーの最高経営責任者(CEO)を兼務する日産自動車社長のカルロス・ゴーンは、就任当初から「仕事は4割が東京、パリが4割、残り2割がグローバル経営と米国などへの出張」といってはばからない。最高執行責任者(COO)としてゴーンを支えた志賀俊之ならば「自分が不在でも現場の判断を任せられる」という全幅の信頼の表れだ。

 実は8年7カ月のCOO在任中に、志賀がゴーンと同じ壇上に立ち、会見に臨んだことは就任時を除いて一度もない。日本向けの新車販売の発表会などは志賀が大半を取り仕切り、ゴーンは経営発表会見を主に手掛けた。

 ゴーンを経営の師と仰ぐ志賀は、出会った当初から“女房役”が自らの役割だと自覚していた。業務分担以上に、一歩引いた立場で「番頭」としての務めを貫くことができたのだ。志賀はいう。

 「あうんの呼吸だったね。彼がいいそうなことはいつも頭に入っていた」

             ◇  ◇  ◇

 志賀は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災でも、留守を預かる「番頭」として危機対応の陣頭に立った。

 「業界が一丸となって再開を目指したい」

 日本自動車工業会会長だった志賀は、震災から1週間足らずの17日、定例会見でこうアピールした。

「ニュース」のランキング