産経ニュース

【新人記者奮闘す】「オタク」だから罪を犯すのか? 3Dプリンター銃事件で自らが秘めるオタク性を見つめ直した

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【新人記者奮闘す】
「オタク」だから罪を犯すのか? 3Dプリンター銃事件で自らが秘めるオタク性を見つめ直した

居村佳知被告は1審の判決当日、ツイッターで自己の主張をつぶやいていた

 3D(3次元)プリンターで製造した殺傷能力がある拳銃を所持したとして、大学職員だった居村佳知(よしとも)被告(28)が逮捕された事件。新人記者として横浜総局に配属された6日目に遭遇した、最初の“ヤマ”だった。「オタク」を自称する居村被告の短文投稿サイト「ツイッター」上の言葉がクローズアップされていった中で、取材を通じ、記者自身も自らの「オタク」性に深く向き合い、考えさせられた。「オタクだから犯罪を起こすのか」-。答えは「NO」だ。

共通する「オタク」性を感じてしまい…

 神奈川県警が、銃刀法違反(所持)容疑で居村被告を逮捕した5月8日の夜。

 「居村被告のツイッター分かる?」

 3Dプリンターを扱う家電量販店の取材がうまくいかず、気落ちして帰社したところに、先輩記者から声を掛けられた。

 アカウントはすぐに見つかった。そこには、美少女のイラストアイコンに、メイドを愛する思い、独特の口調があふれていた。一目で自らと共通する「オタク」性を感じた。

 というのも、記者自身、物心がつく前から息を吸うように漫画を読み、中高生の時には「新世紀エヴァンゲリオン」などに代表される「セカイ系」と呼ばれるアニメに傾倒。大学時代は毎年夏と冬に開催されるコミックマーケットにいた「オタク」だったからだ。

 だが、この時点では、自らを含め「オタク」を見つめ直すきっかけになるとは、思いもよらなかった。

あふれる銃賛美と女尊男卑

 一晩かけて読んだ居村被告のツイッターでは「銃を自衛用に持てない社会は民主主義ではなく、また人権が侵害されている社会です」(4月30日。ツイートは原文をそのまま引用、以下同)といった銃賛美の主張が繰り返し行われていた。

このニュースの写真

  • 「オタク」だから罪を犯すのか? 3Dプリンター銃事件で自らが秘めるオタク性を見つめ直した
  • 「オタク」だから罪を犯すのか? 3Dプリンター銃事件で自らが秘めるオタク性を見つめ直した

「ニュース」のランキング