産経ニュース

【日本の議論】「日の丸技術」は孤立「セブ島」を救うか…通信網ズタズタ、フィリピン台風被災地に入る「日本ITテクノロジー」  

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
「日の丸技術」は孤立「セブ島」を救うか…通信網ズタズタ、フィリピン台風被災地に入る「日本ITテクノロジー」  

昨秋の台風30号で学校が倒壊し、テントの下で授業を受ける生徒たち。手前は破壊された外壁など=今年7月、フィリピン・セブ島のサンレミジオ市(NTT未来ねっと研究所提供)

 大規模災害で通信網が途絶された被災地に派遣され、短時間で通信を復旧させる移動式ユニットが、昨秋の台風の甚大な被害を受けたフィリピン・セブ島に設置されることが16日、分かった。NTTや富士通などが東日本大震災の政府復興予算をもとに開発した機器で、12月にも、日比両政府、国連の専門機関がこの“日の丸ユニット”を使った被災地支援に乗り出す。NTTなどは実績をテコに国内外の政府機関や自治体などへ活用を働きかけていく。(柳原一哉)

5千人の通話、即時復旧

 同ユニットは無線LANのWi-Fi(ワイファイ)アンテナ▽通信用のサーバー▽空調機器▽電源-で構成。ワゴン車に搭載して被災地に派遣されることから、通称「ICTカー」と呼ばれる。

 災害時に、通信回線が切れた行政庁舎や避難所、拠点病院などに行き半径500メートルの範囲にワイファイ・ネットワークをわずか1時間で構築。エリア内では最大5千人が専用アプリを導入したスマホで通話ができるようになる“即戦力”として活躍する。

 電源はタンクのガソリンを使った自家発電でまかない、補給無しで約5日間の稼働を実現した。

比、台風30号で甚大被害

 今回支援に入るのは昨年11月の台風30号(ハイエン)の被害を受けたフィリピン。日赤などによると、死者・行方不明者は7千人を超え、総被災者数は人口の約16%にあたる約1600万人。「食べ物を求めてさまよう人々はゾンビのようで、悲惨な現場はまるで映画だ」という住民の声を伝える海外メディアもあった。

このニュースの写真

  • 「日の丸技術」は孤立「セブ島」を救うか…通信網ズタズタ、フィリピン台風被災地に入る「日本ITテクノロジー」  
  • 「日の丸技術」は孤立「セブ島」を救うか…通信網ズタズタ、フィリピン台風被災地に入る「日本ITテクノロジー」  

「ニュース」のランキング