産経ニュース

「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く

『夕張再生市長 課題先進地で見た「人口減少ニッポン」を生き抜くヒント』鈴木直道著、講談社

夕張に骨を埋める覚悟

 高卒で都庁に就職し、仕事のかたわら夜間、大学に通って部活動のボクシングに打ち込んだというだけあって(同書第3章)、鈴木市長のフットワークは軽い。国との折衝などで出張も多いがそこは夕張市、出張旅費が出るわけではない。苦肉の策で、主催者側が交通費を出す講演会に呼ばれて上京し、そのついでに国との打ち合わせ…ということもあるのだとか。特産の夕張メロンを売り込むために中東・カタールに自腹で(!)出張したこともある。

 人口が最盛期の1割以下となっている夕張市だが、今後20年でさらに人口が半減すると見込まれている。それに合わせて、人口が減っていく前提でのコンパクトな街づくりを推進中だ(同書第5章)。これがなかなか難しく、普通の自治体では実行できがたい。首長の選挙を考えれば「これから人口が減っていきますので…」と訴えれば「人口が減らないようにするのがお前の仕事だろう」と住民に返されてしまうというわけだ。

 しかし夕張ではそうも言っていられず、まずは各集落ごとに公営集合住宅の中心部への集約を進めている。住民が1人でも住んでいれば、集合住宅の各種インフラの維持や除雪が必要で、費用がかさんでしまうからだ。

このニュースの写真

  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く

「ニュース」のランキング