産経ニュース

「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く

ニュース プレミアム

記事詳細

更新


「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く

『夕張再生市長 課題先進地で見た「人口減少ニッポン」を生き抜くヒント』鈴木直道著、講談社

 当初1年の予定を志願で延長し、2年2カ月の夕張派遣を終えて東京に戻った鈴木氏は7カ月後、夕張の知人から市長選への出馬を打診され、都庁を辞め市長選に立候補することを決めた。まだ当選のアテもない中で、石原慎太郎知事(当時)に「私は夕張市長になります」と報告。知事は「お前はとんでもない勘違い野郎だな!」と答えたという。ただ、石原氏の言葉には続きがあった。「何事も勘違いから生まれる。後先考えず、がむしゃらにやるうちに、『勘違い』と言われていた夢が現実になる。だから裸ひとつで挑戦する若者を、おれは殺しはしない」。そして石原氏ははるばる夕張まで応援演説に駆けつけたのだった(本書中に写真あり)。

 市長選に再選出馬するかと思われた当時の市長は「あなた方の息子や娘は夕張から出て行ったまま帰ってこないけれど、鈴木君は帰ってきてくれた。そういう人をみんなで応援しましょう」と身を引いた。結局、全国的な知名度のある候補らを破って、当時全国最年少の30歳で市長に当選した。それが23年4月のこと。

船と列車で夕張へ

 ところで鈴木氏らが夕張へ派遣された19年当時、筆者は都庁担当の記者をしていた。その後の夕張がどうなったのかずっと気になっていたこともあり今年夏、初めて夕張を訪れてみた。

このニュースの写真

  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く
  • 「貧乏でも打つ手はあります」…『夕張再生市長』に財政破綻の街の秘策を聞く

「ニュース」のランキング