産経ニュース

【経済インサイド】デフレ王者「マクドナルド」転落の断末魔…中国鶏肉ダメージを悪化させたチグハグ経営、「方向性誤ってない」の甘さ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
デフレ王者「マクドナルド」転落の断末魔…中国鶏肉ダメージを悪化させたチグハグ経営、「方向性誤ってない」の甘さ

業績回復の道筋が見えてこない日本マクドナルドHD(右上はサラ・カサノバ社長)

 日本マクドナルドホールディングス(HD)の経営が混迷を極めている。平成26年12月期連結決算は、営業赤字が94億円となり、、昭和48年以来41年ぶりに赤字に転落する見通し。その原因は、7月に発覚した仕入れ先の中国企業による使用期限切れ鶏肉の使用問題にとどまらず、それ以前からの客離れや、他の外食やコンビニエンスストアに競い負けてきた問題が複合化した結果ともいえる。「できることはすべてやる」と今春就任したサラ・カサノバ社長は訴えるものの、回復の道筋が見えてこない。打つ手がすべて空回りしているカサノバ社長の手腕も大きく問われている。

“ひっつめ”スタイルで「心機一転」を演出したが…

 先月7日、東京都中央区のホテルで開かれた日本マクドナルドHDの緊急会見。参加した記者たちがまず驚いたのが、カサノバ社長のスタイルだ。後で束ねる「ひっつめ」のヘアスタイルで白いシャツに濃紺のスーツで、登場した。これまではソバージュ、スーツもカジュアルなものが多かったが雰囲気が一変した。

 会見での質疑応答の中、テレビ局の経済部記者が髪形などを変更した理由を尋ねた。カサノバ社長は「心機一転」と応じ、さらに「この髪形好きですか」と切り返し、思わずその記者が「好きです」と応えてしまう場面もあった。

 しかし、会見での質疑応答が進む中で、その心機一転も、外見だけで、業績改善の中身は薄く、“期待はずれ”になっていることが判明していく。

「ニュース」のランキング