産経ニュース

【話題の肝】「仲間由紀恵」「大江キャスター」には何が見えるか “年の差婚”女性にだけ見える「風景」とは

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【話題の肝】
「仲間由紀恵」「大江キャスター」には何が見えるか “年の差婚”女性にだけ見える「風景」とは

10歳以上も年齢が離れた男性と結婚した女優の仲間由紀恵さん(左)とテレビ東京キャスターの大江麻理子さん。“年の差婚”の新婚生活は幸せ?

 会員の平均年齢は男性が62歳で、女性が54歳。1日10人くらいが相談に訪れるという。アドバイザー歴1年半の山中崇志さん(39)は「酸いも甘いもかみ分けてきた世代だからこそ、相手に求めるものがはっきりしている」と話しており、市場開拓に手応えを感じている。

 一緒にご飯を食べたり、旅行に行ったり…。「趣味のゴルフを一緒にやってくれる人」とピンポイントの要望も。バーベキューや日帰りのバスツアーなど毎月開催しているイベントも盛況で、山中さんは「とてもパワフルな世代」と舌を巻く。

 同会員では、男性(79)と女性(57)の成婚が22歳差で最大だ。経済的に余裕がある男性がモテるという。

価値観の違いがネックにも

 千葉県柏市の女性(62)は男性(73)と約20年来のつきあい。男性が70歳を過ぎた頃から、体力の衰えが目立つようになり、年齢差を感じるようになったが、これまでは「渋さがあってかっこいい」と年齢差を意識することはなかった。

 この女性は年齢差を感じ、お互いの「違い」をそのまま受け入れる一助になったという。「年齢が近ければ、互いの価値観を押しつけ合ったかもしれないが、最初から目に見える形で違いがあるところから始まった関係なので、違いを受け入れやすかったのかもしれない」と振り返る。

「ニュース」のランキング