産経ニュース

【話題の肝】「仲間由紀恵」「大江キャスター」には何が見えるか “年の差婚”女性にだけ見える「風景」とは

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【話題の肝】
「仲間由紀恵」「大江キャスター」には何が見えるか “年の差婚”女性にだけ見える「風景」とは

10歳以上も年齢が離れた男性と結婚した女優の仲間由紀恵さん(左)とテレビ東京キャスターの大江麻理子さん。“年の差婚”の新婚生活は幸せ?

 女優の仲間由紀恵さん(35)と俳優の田中哲司さん(48)、テレビ東京キャスターの大江麻理子さん(36)とマネックス証券の松本大社長(50)。今年生まれた10歳以上年の離れたビッグカップルだが、「年の差婚」は今や珍しくない結婚のカタチだ。皇族でも10月、高円宮妃久子さまの次女、典子さん(26)が出雲大社権宮司の千家国麿さん(41)と結婚し、話題を呼んだ。年の差婚ってそんなにいいの? 年の差婚を選択した妻に聞いてみると、世代のギャップを楽しみ、不安に思う心情が浮かんだ。

経験豊富…尊敬のまなざし

 「子供が小学校に入学するころには夫が定年を迎える」。そう話しながら笑うのは、神奈川県綾瀬市の女性(33)。12歳年上の自衛官の男性(45)と10月19日に結婚したばかりの新婚さんだ。

 結婚前、自衛官の定年は55歳で、民間企業に比べて5歳以上早いという事実を、意識せざるを得なかったという。義父母が自分の祖父母と同年代ということもあり、「子育てと介護が同時にくるかも」という一抹の不安もある。

 だが、日々の生活はとても穏やかでほっとできるという。ほとんどけんかにもならず、見守られているという安心感は、結婚の決め手の一つになった。海外渡航歴が多く、物知りな夫は頼りになる存在でもある。「そんなに物知りな方ではないんですけどね」と謙遜する夫だが、妻から尊敬のまなざしを向けられ、まんざらでもなさそうだ。

「ニュース」のランキング