産経ニュース

【メガプレミアム】「平成の零戦」離陸近づく 日本の先端技術結集の“勇姿”…懸念は米国の「横やり」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【メガプレミアム】
「平成の零戦」離陸近づく 日本の先端技術結集の“勇姿”…懸念は米国の「横やり」

国産初のステルス戦闘機に向けた試作機「先進技術実証機」。「平成の零戦」の完成は間近だ(防衛省提供)

 国産初のステルス戦闘機開発に向けた試作機「先進技術実証機」(ATD、通称・心神)が1月、初の飛行試験を行う。日本の先端技術を結集した軽量化の徹底が図られ、「平成の零戦」とも呼ばれる。日本の国産戦闘機構想は、1980年代のFSX(次期支援戦闘機)選定をめぐり米国の横やりが入り、日米共同開発に落ち着いた過去もある。自衛隊や防衛産業にとって、悲願ともいえる“日の丸戦闘機”は果たしてテイクオフできるか。

 「心神」は、防衛省の委託を受けた三菱重工業など国内企業が平成22年から開発に着手した。開発の場となった三菱重工名古屋航空宇宙システム製作所は、零戦を生んだ同社名古屋航空機製作所の流れをくむ。これも航空ファンが「心神」と零戦を重ね合わせる理由だ。

 ちなみに「心神」は正式な名称ではない。開発構想初期に防衛省内で使われ始めたとされる。由来も定かではなく、防衛省担当者は「われわれは『心神』という名前を採用しているわけではない」と言いながらも、ついつい「心神が…」と呼んでしまうほど定着しているようだ。

このニュースの写真

  • 「平成の零戦」離陸近づく 日本の先端技術結集の“勇姿”…懸念は米国の「横やり」
  • 「平成の零戦」離陸近づく 日本の先端技術結集の“勇姿”…懸念は米国の「横やり」

「ニュース」のランキング