産経ニュース

【日本の議論】広島被災地「砂防ダムさえあれば…」と悔しがる 土石流封じ込めの切り札「砂防ダム」の効果と限界

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【日本の議論】
広島被災地「砂防ダムさえあれば…」と悔しがる 土石流封じ込めの切り札「砂防ダム」の効果と限界

土石流の発生に備え、堆積した土砂の除去作業が行われる御嶽山麓の砂防ダム=10月3日、長野県木曽町(松本健吾撮影)

 山の斜面を削り取りながら一気に下り、ときに人家への甚大な被害をもたらす土石流。その猛威を山中で食い止める砂防ダムの効果に今、注目が集まっている。74人が亡くなった今年8月の広島市の土砂災害などでも一定の効果を発揮したとされるが、過去には土石流が砂防ダムを乗り越えて下流にあふれたケースもあり、専門家は「過剰な期待は禁物」と警鐘を鳴らす。50人を超える登山者の死亡が確認された御(おん)嶽(たけ)山(さん)の麓でも砂防ダムの整備が急ピッチで行われているが、土石流対策の“切り札”となるのか。

砂防ダムの有無で明暗分かれる

 「砂防ダムさえあれば、こんなに被害は多くなかったのに…」

 8月の土砂災害で被害が集中し、生々しい爪痕が残る広島市安佐南区の八木地区。町内会幹部は悔しさをにじませた。

 国土交通省中国地方整備局によると、八木地区の山間部の渓流7カ所に計9基の砂防ダムが建設される予定だったが、現地調査に入る前に今回の土石流に襲われた。その後の調査で7カ所の予定地のうち5カ所で土石流が発生したとみられることも分かった。

 一方、砂防ダム7基がある安佐北区では土石流や流木が食い止められ、減災効果があったとされている。

「ニュース」のランキング