産経ニュース

【経済インサイド】貿易赤字を“直撃”する「iPhone人気」…エネルギーに代わる“赤字戦犯”に、消費増税判断まで左右か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
貿易赤字を“直撃”する「iPhone人気」…エネルギーに代わる“赤字戦犯”に、消費増税判断まで左右か

iPhone6人気は貿易赤字を膨らませ、消費税増税阻むパワーを秘めるのか。写真左は安倍晋三首相、右下は9月19日のiPhone6発売時のアップルストア

 政府は来年10月の消費税率10%引き上げを法律で予定しているが、「経済状況の好転」が条件。このため安倍首相は12月初旬までの経済指標などを参考に、引き上げの最終判断するとしており、中でも7~9月期のGDP成長率が判断の軸になるとみられる。ところがそのGDPの構成要件である「外需」は、貿易収支が悪化すれば押し下げられるため、結果的に「iPhone輸入が増えるほど、GDPが押し下げられるという計算が成り立つ」(大手証券のエコノミスト)。

 実際、一部の懸念をよそに、今年の新型アイフォーンの販売は好調に推移しているようだ。

わずか3日間で1000万台完売

 米アップルは先月22日、6/6プラスの販売台数が、発売からわずか3日間で1000万台を突破する新記録を樹立したと発表した。年末までに2商品が発売される世界115カ国の中でも、日本のアイフォーン人気は高く、8月の貿易統計では中国からの通信機輸入が33.1%減と大幅に押し下げられるなど、「新アイフォーン発売前の買い控えとみられる動き」(財務省)も出ており、アイフォーンは日本国内でも販売数を伸ばしているとみられる。

 エコノミストらからは早くも、「9月は貿易赤字拡大の可能性が高い」などと悲観的な予想が上がっている。

 注目の9月の貿易統計は22日の公表予定。その結果や、いかに-。(佐久間修志)

「ニュース」のランキング