産経ニュース

【安倍政権考】神経戦続く日朝交渉 北朝鮮の「訪朝」ゆさぶりに翻弄される外務省

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍政権考】
神経戦続く日朝交渉 北朝鮮の「訪朝」ゆさぶりに翻弄される外務省

9月29日に中国・瀋陽で開かれた日朝外務省局長級協議(下)で、北朝鮮の宋日昊・朝日国交正常化交渉担当大使が日本側に平壌訪問を提案した

 実際のやりとりはどうだったのか。日朝関係者によると、7月1日に日朝外務省局長級協議が北京の北朝鮮大使館で開かれた際、日本政府は特別調査委員会の初回報告時期について「夏の終わりから秋の初め」とするよう提案。また、調査期間については「1年でお願いしたい」と求めた。

 さらに日本側が、こうした期限について「日本でマスコミに発表したい。それで良いか」と迫ると、北朝鮮側は「分かった」と了承したという。

 ある日朝関係者は、「条約のように書面を取り交わしたわけではない。ただ、口約束といえども、まさか破るとは思わなかった」と振り返る。

 交渉にあたる外務省には期限を定めてマスコミに公表することで、早期に北朝鮮に誠意ある報告を促そうとする目算があった。ところが、北朝鮮はいとも簡単に約束を破った。これでは、約束を破られた側とはいえ北朝鮮に手玉に取られてしまった日本政府の交渉能力が問われることにもなりかねない。

このニュースの写真

  • 神経戦続く日朝交渉 北朝鮮の「訪朝」ゆさぶりに翻弄される外務省
  • 神経戦続く日朝交渉 北朝鮮の「訪朝」ゆさぶりに翻弄される外務省

「ニュース」のランキング