産経ニュース

【安倍番の掟】首相は「散髪だけ」と思うことなかれ

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【安倍番の掟】
首相は「散髪だけ」と思うことなかれ

安倍首相、散髪前(左)と散髪後(右)

 首相といえば「日本の顔」ともいえる存在だ。それゆえ、首相は誰もが身だしなみに相当気を使ってきた。中には、橋本龍太郎氏の「ポマード頭」(橋本氏本人は「ポマードではなくヘアクリームだ」と反論していたが)や小泉純一郎氏の「ライオンヘア」のように、髪形をトレードマークにした人もいた。

 安倍晋三首相は、約3週間に1度のペースで散髪をする。御用達の美容室は東京・渋谷の閑静な通りにある「HAIR GUEST(ヘアゲスト)」。20年近くこの美容室に通う昭恵夫人の紹介で、首相も5年ほど前から通い始めた。首相は一昨年暮れに再登板して以降、これまで26回、散髪をしているが、そのうち23回はヘアゲストを利用している。

 カットを担当するのは、ヘアゲストのオーナーだ。首相の要望や髪質、頭の骨格などを踏まえ、現在の緩やかなオールバック風の髪形を提案した。

 首相番の間では「以前の7:3分けの髪形よりも今の時代に合っている」、「若々しくて爽やか」と評価は上々。首相自身も「評判が良い」と今のヘアスタイルにご満悦だという。

このニュースの写真

  • 首相は「散髪だけ」と思うことなかれ
  • 首相は「散髪だけ」と思うことなかれ
  • 首相は「散髪だけ」と思うことなかれ

「ニュース」のランキング