産経ニュース

【島が危ない 北の海の火種(4)】「北の国境」弱体化させる過疎…細る漁業・観光、打開策見出せぬ“無策”

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【島が危ない 北の海の火種(4)】
「北の国境」弱体化させる過疎…細る漁業・観光、打開策見出せぬ“無策”

 「今年は毛ガニもなんぼかよかった。それだから、年も年だし、やめようと思って。いい案配に船も売れたし」

 45年前から、ウニとコンブ、それに毛ガニ漁を続けてきた北海道利尻富士町鴛泊(おしどまり)の男性(73)は今年、15トンの漁船を売却し、漁師廃業を決めた。

 「昨年、コンブは15キロで14万円だった。高いなんてもんじゃなかった。いまだかつてない」

 ウニも今年は高く売れた。「普通は組合さ出す値段は1キロ8千円から9千円なのに、今年は1キロ1万4千円、1万5千円だもの。一番高いときで1キロ2万円という日が何日も続いた」

 だが、そろそろ潮時だという。理由は、年齢と後継者がいないこと。それに燃油の高騰だ。

 利尻島の漁業の水揚げ高を見ると、平成19年度は利尻富士町2282トン(約20億円)、利尻町1542トン(約18億円)だったのが、24年度は利尻富士町2112トン(約16億円)、利尻町1305トン(約16億円)と落ち込んでいる。

 組合員の数も減った。利尻漁協の佐々木修さん(49)は「利尻島全体で700人を割った。35年前、私が漁師になったときは千人を超えていた。あと10年もすれば、さらに半減するだろう」と話す。

「ニュース」のランキング