産経ニュース

【経済インサイド】「ふざけるな」甘利大臣はフロマン氏に怒鳴り、机を叩いた…難航TPPは米中間選挙後に動くか、それとも「狼少年」か

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【経済インサイド】
「ふざけるな」甘利大臣はフロマン氏に怒鳴り、机を叩いた…難航TPPは米中間選挙後に動くか、それとも「狼少年」か

協議を前に言葉を交わす甘利TPP相(右)とフロマン米通商代表。この後、怒鳴り合いの応酬が繰り広げられた=9月23日、ワシントン(代表撮影・共同)

 アジア太平洋地域で巨大な自由貿易圏の構築を目指す環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉は、日本の参加から1年2カ月が経過した。だが、交渉は参加12カ国の経済規模の8割を占める日米2国間の関税協議が一向に決着せず、越年論も現実味を増している。事実上、4度目の妥結目標時期の延期となりかねない情勢で、日本政府内ではTPP交渉は「まるでオオカミ少年」との嘆き節も聞かれる。

日米閣僚協議で怒鳴り合い

 「ふざけるんじゃない」。米ワシントンの通商代表部(USTR)で9月23~24日に開かれた日米閣僚協議の席上、甘利明TPP担当相はこう声を荒らげ、机をたたいた。さらに甘利氏が「日本は対等だから折れると思ったら大間違いだ」と続けたのに対し、フロマンUSTR代表も激怒し、「怒鳴り合いになった」(交渉関係者)という。

 5月のシンガポールでの協議以来、4カ月ぶりに開かれた今回の協議で最大の焦点になったのは、日本の重要農産品5分野のうち牛・豚肉の関税の引き下げ幅や引き下げにかける期間、輸入急増時に関税を引き上げる緊急輸入制限(セーフガード)の扱いだ。

 甘利氏は日本としてのギリギリの譲歩案を提示したが、フロマン氏は「(日本側の提案を)とりあえず突っぱねて、日本がさらに降りるかどうかを見極めようとした」(交渉筋)という。甘利氏が怒りを爆発させたのもこのためだ。

「ニュース」のランキング