産経ニュース

【衝撃事件の核心】中国人犯罪に吸い上げられる日本人のマネー オレオレ詐欺や不正送金事件の背後にちらつく中国人の影 LINEで誘惑「稼ぎたいなら中国に…」

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【衝撃事件の核心】
中国人犯罪に吸い上げられる日本人のマネー オレオレ詐欺や不正送金事件の背後にちらつく中国人の影 LINEで誘惑「稼ぎたいなら中国に…」

近年、急速に被害が拡大しているインターネットバンキングに絡む不正送金事件。送金された先の口座名義人の国籍別内訳では中国が約7割を占める

 日本人をだまして金を巻き上げ、中国人が私腹を肥やす-。まことしやかに語られる犯罪の一端が、明らかになった。大阪府警は9月、地下銀行を営んでいたとされる中国籍のアルバイトの女(27)を逮捕したが、オレオレ詐欺事件でだまし取った金を中国に送金していたことを供述したのだ。日本で発生する犯罪にちらつく中国人の影。オレオレ詐欺を含む特殊詐欺以外でも、今年被害が急増しているインターネットの不正送金事件では、送金先口座の大半が中国人名義だった。一部犯罪には、日本人の少年らが加担している現実も見え隠れする。組織的犯罪も予想されるが、末端メンバーは組織の詳細を知らず、全容解明は一筋縄ではいかない。

腕時計に換えて不正送金

 「金は中国・福建省に送った」

 銀行法に基づく免許を受けずに不正に海外送金を行う「地下銀行」を営んだとする銀行法違反(無許可営業)容疑で逮捕された女は、府警の調べに対してこう供述したという。

 逮捕容疑は、平成25年5月~今年7月、日本に住む20~40代の中国人女性5人からの依頼で計約1300万円を中国に送金したとされる。だが女は、この事件以前に、オレオレ詐欺グループの一員として逮捕されていた。

 この詐欺グループは、警察官や銀行協会職員をかたって高齢者から現金をだまし取っていたとされ、府警は今年4~9月、被害者から現金を受け取る「受け子」の少年少女ら18人と、現金回収役の中国人夫婦を逮捕。夫婦のうちの妻が地下銀行を営んでいたとされる女で、オレオレ詐欺事件の捜査の過程で銀行法違反容疑が発覚した。

 そして、再逮捕後の調べの中で、依頼者からの金だけでなく、オレオレ詐欺グループが集めた金も中国に送金していたことを明かした。このグループによる被害は、府警が確認しただけでも約1億2800万円に上るが、女はこの大半を中国に送ったと話しているという。

 一方、府警が解明した地下銀行の手口は次のような流れのものだった。

 (1)依頼者から現金を預かった女は、中国内にいる貿易商に連絡を取り、来日を要請。

 (2)来日した貿易商は女から現金を受け取ると、日本国内で高級腕時計や希少な香木を購入。

 (3)貿易商は中国に品物を持ち帰り、現地で換金。

 (4)依頼人が指定した受取人に貿易商が現金を渡す。

オレオレ詐欺などは、アルバイト感覚で手を染める日本人の未成年者も

関連トピックス

「ニュース」のランキング