産経ニュース

【政治デスクノート】「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた

平成26年度予算の成立を受け、記者会見する安倍晋三首相=3月20日(代表撮影)

 もう1つの特徴です。

 資料によると、竹下登、安倍、野田佳彦はいずれもB型、橋本龍太郎はAB型だそうです。

 この顔ぶれに共通する政策といえば、もうおわかりかと思いますが、消費税(税率引き上げ)の決断です。

 竹下は昭和63年12月に消費税法を成立させ、翌平成元年4月に3%の消費税を導入しました。3%から5%への引き上げは橋本内閣で行われ、野田は24年夏に自民、公明党との3党合意をもとに社会保障・税一体改革関連法を成立させました。この法律をもとに、昨秋、8%への引き上げを決断したのは安倍です。

 つまり消費税をめぐる政治決断を実行したのは、B型(橋本はABですが、Bの抗原も併せ持つということで…)だということです。

 ここに財務省がこの文書をまとめた意味があるわけです。財務省は予定通りの税率引き上げは当然との立場です。(ここまで敬称略)

このニュースの写真

  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた

「ニュース」のランキング