産経ニュース

【政治デスクノート】「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【政治デスクノート】
「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた

平成26年度予算の成立を受け、記者会見する安倍晋三首相=3月20日(代表撮影)

 しかし、この一覧表をみてみると、興味深いことがいくつか浮かび上がってきました。

 1つは、O型が突出して多いということです。36人中18人と実に半数を占めており、次いでA型の10人、B型の5人、AB型の2人(小磯国昭は不明とされていました)。

 日赤などの資料による日本人の割合(A型は4割、B型は2割、O型は3割、AB型は1割)と比べてみると、歴代首相のデータには偏りがあるのがわかります。

 O型首相が突出しているのは、調整型の政権運営を得意とする首相が多いイメージと符丁が合っているようにも思えます。

 特に太平洋戦争末期の鈴木貫太郎から、「所得倍増」を掲げて経済成長を推進した昭和30年代後半の池田勇人まで芦田均、鳩山一郎の2人を除きほとんどがO型でした。

 また、自民党から政権を奪取して新政権を作った細川護煕、鳩山由紀夫もO型。前者は8党・会派をまとめた連立政権だったことからも何となく、うなずける気がします。

このニュースの写真

  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた
  • 「増税」と「首相の血液型」の仰天関係… 財務省“極秘資料”は雄弁に語っていた

「ニュース」のランキング