産経ニュース

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】(483)朝日叩きを「メディアリンチ」と報じる海外メディアの無知、曲解…

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【花田紀凱の週刊誌ウォッチング】
(483)朝日叩きを「メディアリンチ」と報じる海外メディアの無知、曲解…

朝日新聞の「従軍慰安婦」虚報をめぐる海外メディアの無知、曲解を特集した「週刊現代」など、それぞれの切り口で「朝日」を取り上げた各週刊誌

 世界のメディア、ジャーナリストが朝日の「従軍慰安婦」虚報について、いかに無知か、曲解しているかがよくわかる特集だ。

 『週刊現代』(10/11)の「日本人とは大違いだった 世界が見た『安倍政権』と『朝日新聞問題』」。

 まず霍見(つるみ)芳浩氏(ニューヨーク市立大学名誉教授)が安倍内閣5人の女性閣僚のうち4人が河野談話を否定していることについて。

 〈「これはドイツのメルケル政権が、『ナチスの行為は正しかった』と主張する政治家を、4人も大臣に起用するのと同義で、世界は呆(あき)れ返っています」〉

 呆れ返るのはこちらだ。

 NYタイムズ、マーティン・ファクラー東京支局長。

 〈「朝日の報道がウソだったからといって、慰安婦問題自体がウソだったことにはなりません(中略)安倍首相と保守派が、国家アイデンティティを再定義したいがために、朝日に対して政治闘争を仕掛けているのです」〉

 スタンフォード大学アジア太平洋研究センターのダニエル・スナイダー副所長。

 〈「いまの日本で起こっているのは、ずばり『言論テロリズム』です」〉

 仏『フィガロ』東京特派員、レジス・アルノー氏。

 〈「今回の朝日叩きは、政府によるメディアリンチ」〉〈「これは大罪です」〉

 あげく、アイリス・チャンの間違いだらけの『ザ・レイプ・オブ・南京』をもち上げる。

このニュースの写真

  • (483)朝日叩きを「メディアリンチ」と報じる海外メディアの無知、曲解…

「ニュース」のランキング