産経ニュース

【海外事件簿】エジプト 同性愛“結婚式”で7人逮捕

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【海外事件簿】
エジプト 同性愛“結婚式”で7人逮捕

 エジプトの首都カイロで今月、同性愛者同士の“結婚式”に参加したとされる男性7人が逮捕された。同国は、同性愛をタブーとするイスラム教徒が大多数を占めるものの、同性愛そのものを禁じる法律は存在しない。ただ、さまざまな理由で同性愛者が逮捕され有罪判決を受けるケースは後を絶たず、人権団体などからは強い批判が上がっている。

 7人が逮捕されるきっかけとなったのは、9月初めに動画投稿サイト「ユーチューブ」に掲載された、あるパーティーの映像だった。

 カイロ中心部を流れるナイル川。そこに浮かぶ船上で撮影されたとみられる動画には、正装した男性2人が指輪を交換し抱き合って口づけをする場面や、友人らがそれを祝福する様子がとらえられていた。投稿者は不明だが、動画には「エジプトで初の同性愛結婚式」とのタイトルがつけられていた。

 間もなく、めでたいはずのパーティーは、暗転する。検察当局が9月6日、パーティーの参加者のうち身元が特定された男性9人の逮捕を命令したことを受け、実際に7人が拘束されたのだ。

 容疑は「淫蕩行為の扇動」と「公衆のモラルを損ねる行為」。地元メディアによると、検察当局は声明で、パーティーを「悪魔的で恥知らず」だと非難、男性らの逮捕は「社会の価値観を守るため」だと説明した。

 エジプトの人口の約9割を占めるイスラム教では同性愛はタブーとされており、社会的にも嫌悪感が強い。むろん同性婚も認められていない。ただ、エジプトには同性愛そのものを罰する法律はないため、当局は、性や公衆倫理に関連する法律を利用して同性愛者とみられる人間を取り締まっている形だ。

「ニュース」のランキング