産経ニュース

【北朝鮮拉致】立命館大生やOB、昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 ある「共通点」も浮上

ニュース プレミアム

記事詳細

更新

【北朝鮮拉致】
立命館大生やOB、昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 ある「共通点」も浮上

賀上大助さんが住んでいた会社寮付近を調査する賀上さんの母、文代さん(左)と特定失踪者問題調査会の荒木和博代表(右)=18日、大阪市淀川区(松岡朋枝撮影)

 関西の名門、立命館大学(京都市)の現役学生や卒業生8人が、昭和の時代から平成にかけて次々と“謎”の失踪を遂げている。自ら姿をくらませる事情はなく、北朝鮮による拉致の可能性を排除できない行方不明者を調べる「特定失踪者問題調査会」が特定失踪者としてリストアップしている。調査会は9月17日、京都市で立命館大周辺を調査した。その結果、見えてきた失踪の背景は何なのか。

100人中8人が立命館大

 調査会は立命館大在学中または卒業後に失踪した行方不明者として、8人をリストアップしている。最も失踪時期が古いのは昭和27年10月、在学中に失踪した渡邊晃佐さん(82)=失踪当時(20)=で、最も時期が新しいのは、平成22年に行方不明になった卒業生の男性(氏名非公表)となっている。

 調査会に届け出があった失踪者約470人のうち、4年制大学の卒業生や在学生は約100人に上るが、そのうち立命館大が8人を占めている。特定失踪者を大学別に見ると、立命館大に次ぐ明治大学が4人で、残りの大学はそれぞれ1、2人程度しかいない。調査会の荒木和博代表は「圧倒的に多い数であることは間違いない」と立命館大に特定失踪者が集中している状況を説明する。

このニュースの写真

  • 立命館大生やOB、昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 ある「共通点」も浮上
  • 立命館大生やOB、昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 ある「共通点」も浮上
  • 立命館大生やOB、昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 ある「共通点」も浮上
  • 立命館大生やOB、昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 ある「共通点」も浮上
  • 立命館大生やOB、昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 ある「共通点」も浮上
  • 立命館大生やOB、昭和から平成にかけ8人が謎の失踪 ある「共通点」も浮上

「ニュース」のランキング