新型コロナで日本酒の出荷激減 来年の酒米生産半減の可能性も - 産経ニュース

新型コロナで日本酒の出荷激減 来年の酒米生産半減の可能性も

北海道産米を使ってつくられた道内酒蔵の日本酒が並ぶ大丸札幌店(寺田理恵撮影)
 新型コロナウイルス感染拡大の影響で日本酒の消費が減少し、各地の酒蔵が日本酒やその原料となる酒造好適米(酒米)の在庫を抱えている。全国に先駆けて感染が広がった北海道では、4月の道産酒の出荷量が前年比で6割も減少。来年の酒米の生産に影響が出る恐れも生じている。(寺田理恵)
道外客がいなくなった
 「ここ数年、インバウンド(訪日外国人客)需要で単価の高い日本酒が好調だったが、販売不振で原料米が余っており、契約したコメが毎月積み上がっている」
 酒米の生産が近年、拡大している北海道。道と酒造組合、農協が集まった7月21日の懇談会の席上、苦境を訴える声が酒蔵から相次いだ。
 契約栽培で生産される酒米は、酒蔵の購入計画に基づいて契約農家が栽培する。今秋収穫される酒米は、10月以降の新酒の仕込みに向けて契約済みだ。
 しかし、外出自粛で日本酒が飲食店で飲まれる機会が減った上、観光客の減少で土産物としての需要も落ち込んでいる。日本酒の製造量を縮小した酒蔵もあり、酒米が余剰在庫となりそうだという。
 「余った米を来年の仕込みに持ち越すことになれば、農家との来年の契約で(購入を減らして)迷惑をかける恐れがある」と酒米の生産計画への影響を懸念する酒蔵も。卸会社からは「道民は価格に厳しい。(高くても)おいしい酒を飲みたいという道外からの客がいなくなった」との指摘もあった。
酒米拡大から一転
 日本酒の出荷量がほぼ半世紀にわたり減少する中、単価の高い純米酒や純米吟醸酒は増加が続いている。
 北海道では平成12~26年に道産酒米「吟風(ぎんぷう)」「彗星(すいせい)」「きたしずく」が相次いで誕生。その評価の高まりを受け、道内の酒蔵が原料米を道産へ切り替える動きも進んだ。3品種の作付面積は、25年の258ヘクタールから30年の404ヘクタールへ広がった。
北海道の日本酒の月別出荷量
 道内の酒蔵数は29年に「上川大雪酒造・緑丘蔵(りょっきゅうぐら)」が新設されるなど13を数え、年内には新たに2つの酒蔵が創設される。酒どころとして注目されはじめ、行政機関や関係団体がさらなる生産拡大に向けて取り組んでいた。
 その矢先に、全国に先駆けて北海道が2~3月に新型コロナ感染拡大の第1波に見舞われ、日本酒をめぐる状況は暗転した。4~5月の第2波では国の緊急事態宣言に伴い、外出や飲食店での夜間の酒類提供を控えるよう求められ、ほかの都府県に比べ日本酒の消費低迷が長く続いている。
 北海道酒造組合によると、道内の日本酒の出荷量は2月から減少。4月は前年同月比6割減の約196キロリットルにとどまった。6月も同4割減の約221キロリットルと本格的な回復に至っていない。
 昨秋収穫された酒米を今年10月以降の仕込み用に持ち越している酒蔵もあり、来年の酒米の需要が今年の半分以下となる可能性もあるという。
コロナとどう共存
 道産日本酒の在庫解消が課題となる中、道は、道内の商業施設で開く道産食品フェアで、道産酒米で製造された日本酒を集めて販売する。札幌市中央区の大丸札幌店では、8月11日までの期間中、道産米酒28種を店頭に並べた。
 酒蔵も対策を取る。旭川市の「男山」は今年瓶詰した酒が余剰在庫となり、複数種類の酒をタンクに戻してブレンドした新商品「男山 諸事情」を手ごろな価格で発売した。
 7月15日に地元で始めた先行販売では完売。「少しでも在庫を減らし、例年通りの仕込み数量を継続したい」と、今月7日から数量限定で全国販売を始めた。
 日本酒の消費低迷は、道外各地でも問題となっている。日本酒造組合中央会によると、全国の組合員各社の4月と5月の出荷量は前年比2割超も減少した。
 道外では、余剰在庫となった酒米を食べて応援しようという動きもある。コロナと共存する社会において、日本酒と酒米の生産をどのように維持するか、模索が続いている。