【経済インサイド】「ドラえもんのように」…〝AIの民主化〟に挑むベンチャー 中小企業や個人も気軽に使える環境整備 - 産経ニュース

【経済インサイド】「ドラえもんのように」…〝AIの民主化〟に挑むベンチャー 中小企業や個人も気軽に使える環境整備

エッジインテリジェンスが開発したWebDNNを使ってタブレット上で2枚の写真を即座に1枚に画風変換した
WebDNNの実用化に向け、技術開発に励むエッジインテリジェンスの共同創業者取締役の日高雅俊氏(左)と木倉悠一郎氏
 「人工知能(AI)の“民主化”」に挑むベンチャー企業が登場してきた。東大発ベンチャー、エッジインテリジェンス・システムズ(EIS、東京都渋谷区)はパソコンやスマートフォンなどに標準搭載されているウェブブラウザー上で画像・音声認識を世界最速で実行できるシステムを開発。大企業だけでなく、ベンチャーや個人など誰もがAI技術を活用できる環境整備に乗り出した。一方、金融とITの融合「フィンテック」をビジネスチャンスととらえるフィンテックベンチャーの財産ネット(同)はAIを使ってプロの資産運用術を一般投資家に届ける。
スマホで簡単に活用
 タブレットのカメラで撮影したネコと葛飾北斎の「富嶽三十六景」という2枚の写真が画面上で、あっという間に重なり合った。見るとネコの体形に沿ってきれいに「波」が移動し、背景には「三十六景」が残っている。AIが画像を認識して合成しているという。
 この写真を作り上げた中核技術が、EISが開発した「WebDNN」。データから特徴を抽出してパターンを高速で認識できるように設計した。共同創業者取締役の日高雅俊氏は「インターネットでデータをサーバーに送ることなく、手元で瞬時に作成できる。WebDNNは複雑な計算を世界最速でこなせるからで、高価で一般には使えない大型コンピューターを不要にした」と説明する。
 DNN(ディープニューラルネットワーク)は、深層学習や機械学習の基礎技術で、画像や音声の認識・生成に有効な手法だが、計算負荷が高くウェブサービスに組み込むには大量の計算機を用意する必要がありコストが高くなる。ユーザーが専用アプリをインストールすることも考えられるが、手間がかかり気軽に試すことが難しい。
 こうした課題を解決したのがWebDNNだ。「AIの研究成果を、世の中で活用するために手助けする道具」と日高氏はいう。WebDNNによって膨大なデータ処理をサーバー(中央)から端末(エッジ)に移すことができ、「スマホさえ持っていればいつでも、どこでも簡単にAIを活用して、よりよい暮らしができるようになる」ともう一人の共同創業者取締役の木倉悠一郎氏は指摘する。
 AI技術は人・金・時間をかけられる大企業主導で発展してきたが、特別な計算機や大型サーバーを持たないベンチャーや個人開発者でも簡単に参加できるようになるわけだ。
 EISは今年3月、東大大学院の原田・牛久研究室が平成29年5月に公開したWebDNNの品質向上と応用開発を進めるため設立された。共同創業者が実用化に向けた技術開発に注力し、AIのデモンストレーションやスマホのカメラで撮影した画像処理サービスなどの開発を目指す。
 さらなる高速化やデータダウンロード時間の短縮、利用可能なDNNの種類拡大にも取り組んでおり、同社の森山雅勝社長は「強みである今の技術をどう生かすか。差別化できるので、誰もが使えるようにしていきたい」とAIの民主化に意欲を燃やす。
 「1週間後の台風の進路を予想する天気予報のように1週間後の株価動向を予想する。“見える化”すると商売になる」
 精度の高さで個人投資家から支持を得るサイト「兜(かぶと)予報」を運営する財産ネットの荻野調社長はこう強調する。
精度の高い株価予測
 「プロの資産運用術をあなたに」「経済アナリストを番頭に」をモットーに、富裕層に向けられていた金融情報サービスを、誰でも受けられるものに変えていく。そのために駆使するのがAIだ。
 兜予報では、過去事例を分析したAIが企業ニュースのうち潜在的に株価を動かすネタを選別して配信する。「ノイズ(関係のない情報)除去とインパクト(重要情報)の選別、つまりどれを読めばいいかを判定してくれるので投資初心者にも使い勝手がいい」(荻野氏)。それだけ株価動向の予測精度は高くなり、株取引を1日に何回も繰り返すデイトレーダーに人気のツール(道具)になっている。
 荻野氏は「聞きたいことに答えてくれるのがAI。『ドラえもん』は自ら判断して『のび太』を助けに行かないが、のび太が課題をもって尋ねれば情報を集め最適解(助けに必要な道具)を出すことはできる。だから誰もが欲しくなる」と説明。富裕層の特権だった資産運用をAIとフィンテックの融合で一般投資家でも手の届くところまで持っていく。
 AIの民主化について、野村総合研究所(NRI)のグループ会社、NRIデジタル(同千代田区)の寺田知太ゼネラルマネジャーは「AIのアルゴリズム(計算方法)が公開され、誰でも使えるようになった。いわゆるコモディティー化(汎用(はんよう)化)が進む」と指摘する。
 今は黎明(れいめい)期というが、明確な課題に素早く対応できるAIを使いこなしたベンチャーが事業機会を創出したり、個人の生活を豊かにしたりするビジネスモデルを構築。かゆいところに手が届くさまざまなサービスが提供されることで、AIの民主化を享受できる時代が到来しそうだ。(経済本部 松岡健夫)