学生生活を充実させよう!

プロが指南 就活の極意
学生向けのインターンシップ合同説明会=7月7日、東京都江東区の東京ビッグサイト

 夏のインターンシップ選考も一段落し、現在はインターンシップに参加している学生が多いのではないでしょうか。参加していない学生も就活のイベント・セミナーに参加していると思います。内定塾のセミナーにも夏休み期間を利用して大学3年や大学院修士課程1年の学生たちが多く参加してくれています。最近では大学2年生も参加するようになり、就活を意識する時期が年々早まっていると実感しています。

 さて、毎年、就活生を指導する中で、内定を勝ち取る秘訣(ひけつ)は2点あると感じています。早期の準備がしっかりしていることと、学生生活を充実させていることです。

 当たり前のように思えるかもしれませんが、できている学生はどれだけいるでしょうか。ほとんどはできておらず、就活を終了するときに後悔してしまうことが多いのが実情です。

 就活の本番は広報解禁となる大学3年・修士1年の3月からと考え、就活準備もまだ先ととらえているかもしれません。しかし、少しでも差をつけるために早くから準備をしてほしいと考えます。もちろん「就活ありき」になるのは反対ですが、学業や課外活動と併せて準備を進めてください。

 今回は早い段階で効率的に内定を得るために必要な2点について触れたいと思います。

(1)早期の準備

 この時期は、とにかく「インターンシップに参加」してほしいです。就活を比較的楽に進めている学生はインターンシップに参加したことがあるケースがほとんど。特に、就活の選考が解禁される大学4年・修士2年の6月以前に内々定を得ている学生の多くはインターンシップ参加組になります。また、夏の時期はまだ就活に対する意識が低い学生が多いため、差をつけやすい時期でもあります。8~9月はゼミ合宿やサークル、アルバイトなどで忙しいかもしれませんが、空いている時間を動くようにしましょう。

(2)学生生活を充実させる

 就活の合否を決めるのは「面接」です。重要な面接で最も多く聞かれる質問が「学生時代に頑張ったこと」になります。学業に限らず、部活やサークル、アルバイト、ボランティア、留学など自身が経験したエピソードをアピールする必要があります。だからこそ、日々の生活で取り組んでいることを今まで以上に熱中してください。一生懸命やっても望まない結果になったり、人間関係でトラブルが起きたりといったこともあるかもしれません。しかし、そのような経験を積むことで、人としての成長につながりますし、何より就活の場でもアピールすることにつながるのです。経験がない学生もこの時期であれば間に合いますので、積極的に取り組むようにしましょう。

 日々の取り組みは、就活のためではないと思いますが、今取り組んでいることに熱中することが、「就活対策」にもなります。寝食を忘れるぐらい夢中になれるものに必死で取り組んでください。(「内定塾」講師 齋藤弘透)

 ここ十数年で新卒の就職活動も大きく変化してきました。今年は特に変化の年になります! 新卒の就職活動は、世の経済状況や世相を反映しやすく、年によって状況が異なります。東京、名古屋、大阪の主要都市を中心に全国12校舎を持つ、就活塾・予備校最大手の「内定塾」講師が、就活事情の最前線をご紹介します。

内定塾:http://www.naitei-jyuku.jp/

内定塾の志望動機:http://www.naitei-shiboudouki.com/

内定塾facebook:https://www.facebook.com/naiteijyuku