Perfumeが真剣な表情と踊りで魅了するバリスタの世界観 伊藤園「TULLY‘S COFFEE」

CMウオッチャー
伊藤園の新CMに出演するPerfumeの3人(同社提供)

 電子楽器を使ったテクノポップとダンスで知られる女性3人組ユニット「Perfume(パフューム)」が伊藤園の新テレビCMに起用され、これまでにない妖艶(ようえん)な雰囲気のパフォーマンスを披露している。普段の彼女たちからは想像もできない大人っぽい姿がファンらの関心を集めている。

 CMは同社の飲料ブランド「TULLY‘S COFFEE(タリーズコーヒー)」をアピールする「Professional Quality(プロフェッショナル クオリティー)は進化する」編で、7月末から全国で放映されている。

 15秒のCMでは、揺らめく炎の中の向こう側でのっち=大本彩乃さん=(29)がゆったりと舞うと、その炎に重なるようにコーヒー豆が浮かび上がり、「ロースト(焙煎)」を表現する。そして、「国内焙煎100%」の文字が浮かび上がる。

 次にあ~ちゃん=西脇綾香さん=(29)が雪が舞い散るようなシーンに登場。浮かび上がる文字は「抽出直前粉砕」だ。

 そして降り注ぐ雨の中をかしゆか=樫野有香さん=(29)が踊り、「こだわり抽出」の文字が浮かぶ。

 それぞれコーヒー豆の粉砕(グラインド)と抽出(ドリップ)を体現しており、各工程に手間を惜しまない姿勢を伝えるという。

 最後は「BARISTA‘S BLACK(バリスタズ ブラック)」との言葉で締めくくられ、全体的に渋い仕上がりだ。普段の軽やかなテクノポップというイメージは感じられない。

 動画全体を通じて厳かな雰囲気と笑顔を見せない3人の表情が印象に残る。とことん味にこだわり続ける、コーヒーを淹(い)れる職人「バリスタ」の世界観に通じ、普段のパフュームとは異なるもう一つの顔にファンならずとも思わず見入ってしまいそうだ。

 パフュームは、平成12年に3人全員の出身地である広島で産声をあげ、ローカルアイドルとして芸能活動を開始。19年、中田ヤスタカ氏作詞・作曲の「ポリリズム」でブレークすると、電子楽器の音色にマッチした巧みな歌唱やダンスにファンが熱狂。今やテレビで姿を見ない日はないほどの人気ぶりだ。

 大みそかのNHK紅白歌合戦は、昨年で10年連続10回目の出場を果たしており、もはや国民的歌手グループといえる。

 10代の頃から走り続けてきたパフュームも30代間近と“お年頃”だ。一部で熱愛も報じられるなど節目にさしかかる。ブラックコーヒーが似合う大人を演じるこのCMのように新境地の開拓が期待されている。