流行に流されない上品なデザイン 動きやすさも重視 JR東の普通列車グリーンアテンダント

制服図鑑
JR東日本の普通列車グリーンアテンダントが平成16年から着用する夏用制服(日本レストランエンタプライズ提供)

日本レストランエンタプライズ

 JR東日本の東海道線などを走る普通列車グリーン車にはグリーンアテンダントが乗務し、グリーン券の確認や発売、車内販売、乗り換え案内などを担当している。男性、女性とも半袖シャツで、男性はグレーのスラックス、女性は紺のスカートとベストを着用。冬場は紺のジャケット姿になる。

 階段の上り下りがあるグリーン車を考慮し、制服は動きやすさを重視。スカートはフロントボックスプリーツで、足さばきの良い形となっている。ジャケットやベストもゆとりを出しつつも、見た目はすっきりとするようこだわった。シンプルでベーシックながら上品なデザインを採用したのは、流行に流されず、利用者に信頼と安心を感じてもらうためだという。

 女性の冬用ブラウスや夏用半袖シャツ、スカーフはピンク、イエロー、ライラックの3色を展開、組み合わせはアテンダントがその日の気分や天候に合わせて決めることができる。スカーフは結び目から15センチ以内の大きさに収めていれば巻き方は自由。氏名札が隠れてしまわないことが重要だ。男性の冬用ネクタイはブルーとゴールドの2色で、白いシャツと調和が図られている。

 グリーンアテンダントは現在、東海道線のほか横須賀・総武快速線、宇都宮線、高崎線、湘南新宿ライン、上野東京ライン、常磐線の各線で乗務。華やかで清潔感あふれる制服は平成16年の制度誕生から14年間変わらぬデザインで、スタッフも愛着を感じているという。

日本レストランエンタプライズ

設立:昭和13年9月

本社:東京都台東区

代表者:日野正夫・代表取締役社長

社員数:1754人(平成29年8月1日現在、長期臨時社員を含む)