【経済インサイド】白州12年、響17年…ウイスキー出荷停止でサントリーのCMにも余波 - 産経ニュース

【経済インサイド】白州12年、響17年…ウイスキー出荷停止でサントリーのCMにも余波

山梨県北杜市のサントリー白州蒸溜所
サントリーの白州12年
サントリーの響17年
サントリーの「山崎」と「白州」
 サントリーホールディングス(HD)傘下のサントリースピリッツが、主力国産ウイスキーの「白州12年」「響17年」の出荷を休止するというニュースは新聞やテレビ、インターネットのニュースで大きく取り上げられた。休止の原因となった原酒不足は、サントリー固有の問題ではなく、業界全体に波及。長期間の熟成が必要な商品だけに、対策を取っても、効果が出るのは10年以上先となるため、原酒不足は当面続きそうだ。
 サントリーの出荷停止報道後、最も早く反応を見せたのが、ネットオークションサイトだ。希望小売価格8500円(税別)の白州12年が出品され、既に1本2万円近い価格まで値上がりしたり、即決価格が3万円程度に設定されたりするほどだ。
 一般の店舗でも売り切れが相次ぐ。東京都中央区の酒販売店の店主は「もともと在庫が多い商品ではなく、売り切れた。予約を入れたいというお客も多いが、いつ入荷するか分からないので、断っている」というほどだ。
 サントリーのウイスキー出荷停止は平成28年4月の「角瓶〈黒43度〉」以来だが、原酒不足はサントリーだけの問題ではない。
 アサヒグループHD傘下のニッカウヰスキーでも26年に「竹鶴12年」、27年に「余市」と「宮城峡」の熟成年数を表記した商品の販売を終了した。これも原酒不足が原因。他の人気商品も出荷を限定するなど、綱渡りの状況だ。
 原酒不足の理由は、ウイスキー市場の縮小・拡大の乱高下だ。昭和58年に年間38万キロリットルとピークだった市場はその後、減少の一途をたどり、平成20年には5分の1程度の7万1000キロリットルに落ち込んだ。
 焼酎に押されたことが大きな要因だ。スタイリッシュなボトルなど、イメージ刷新が、若者にも受け入れられるようになったほか、本格焼酎も押し上げた。さらに、価格がウイスキーよりも安いことから、バブル経済崩壊による景気低迷の中で、消費者が焼酎にシフトし、完全にウイスキーが押された。
 これが一転するきっかけを作ったのが、ウイスキーを炭酸水で割った「ハイボール」ブームだ。若者には新しいお酒、中高年には懐かしいお酒として、注目され、徐々に市場を取り返した。加えて、NHK連続テレビ小説「マッサン」の効果がさらに市場を広げることになり、29年には16万キロリットルと、底だった20年の約2・2倍まで回復した。
 しかし、サントリーもニッカも10年ごろには、当時の市場規模10万キロリットル以下が続くことを想定し、そのレベルの生産体制を数年前までとっていた。3~4年前に増産を始めたが、今必要な熟成10年以上原酒は足りない。これが原酒不足の最大の背景だ。
 国産ウイスキーが海外の品評会などで高く評価されていることも2つ目の理由だ。日本が、米国、スコットランド、カナダ、アイルランドに続くウイスキー生産国と評価され、「ジャパニーズ」が世界の5大ウイスキーとして名を連ねる。
 このため、長期熟成品は高額で取引されている。昨年サントリーが限定1500本で発売した酒齢18年以上の原酒を使った「山崎ミズナラ2017 EDITION」の価格10万円(税別)だ。こうしたプレミアムがつくことも、原酒不足に拍車をかけている。
 そこで、国産原酒の不足を補うために、輸入ウイスキーを活用するというのが各社の戦略だ。
 サントリーは大型買収で子会社化した米ビームサントリーの米国ウイスキーを活用。特に、主力のバーボン「ジムビーム」をハイボール向けに売り込んでいる。ニッカの親会社であるアサヒビールは、「ジャックダニエル」などで提携関係にある米ブラウン・フォーマンが手がける高級価格帯のスコッチウイスキー、3ブランドの販売を始めるなど、国産原酒不足の補完戦略を急ぐ。
 こういった原酒不足の象徴がテレビCMだ。
 ハイボールブームのきっかけに大きな役割を果たしたのはなんといっても、女優の小雪さんが登場したサントリーの「角ハイボール」のCM。井川遥さんにバトンタッチし、さらに人気は急上昇した。
 ところが、最近は井川さんのハイボールCMはほとんど流れていない。「角」も原酒不足の懸念があるため、CMを控えているからだ。
 その分、ジムビームのローラさんと「トリス」の吉高由里子さんが、ハイボールのCMで目立つということになっており、原酒不足がCM事情にも影響している。(経済本部 平尾孝)
角ハイCM
ジムビームCM
トリスCM