【経済インサイド】満足度低下の中…TDR拡張計画の「青写真」がなかなか見えないワケ - 産経ニュース

【経済インサイド】満足度低下の中…TDR拡張計画の「青写真」がなかなか見えないワケ

大幅な拡張が計画されている東京ディズニーランド(中央)と東京ディズニーシー(奥)。周辺の駐車場を立体化するなどして用地を確保するという=千葉県浦安市
東京ディズニーシーでは35周年を記念した装飾があしらわれた=4月10日、千葉県浦安市(宮崎瑞穂撮影)
35周年記念日は、東京ディズニーランドがオープンした35年前と同じ雨。セレモニーは開園宣言同様にワールドバザールで開催された=4月15日、東京ディズニーランド(江田隆一撮影)
 4月15日朝、東京ディズニーリゾート(千葉県浦安市、TDR)開園35周年のオープニングセレモニーが東京ディズニーランド(TDL)の玄関口「ワールドバサール」で開かれた。記念すべき日としてはあいにくの暴風雨の中、詰めかけた報道陣の一番の注目はTDRを運営するオリエンタルランドの加賀見俊夫会長のTDR拡張計画に関する発言だった。昨秋に拡張計画が浮上した際、今年5月までに詳細がまとまるとの見通しが報じられ、開園35周年の節目が発表の一つのタイミングとみられていたからだ。
 セレモニーの冒頭、あいさつに立った加賀見氏は、来年に東京ディズニーシー(TDS)でフライトシミュレーター型の新アトラクション「ソアリン(仮称)」、再来年にはTDLで「美女と野獣」の新エリアなどがオープンすることを強調。その上で「その先も両パークのさまざまな開発計画を模索しているが、現在パークの拡張について検討しているところだ」と述べ、拡張計画を正式に表明した。加賀見氏からそれ以上踏み込んだ発言はなかったが、セレモニー後に宮内良一執行役員が急遽(きゅうきょ)取材に応じることになり、報道陣は色めき立った。
 だが、その期待は一瞬にして打ち砕かれた。宮内氏は「既存のTDL、TDSの2つのパークのうち、どちらかを拡張するということで検討を進めている」とは認めたものの、拡張の場所や規模、時期など計画の詳細について「現在検討中で、決まり次第、速やかに発表したい」と繰り返すばかり。詳細の発表時期も「そこもまだはっきりしていない」と述べるだけで、明確にしたのは“第3のパーク”新設と新パークが空をテーマに検討されているという一部報道を否定したことくらいだった。
 次のタイミングだった4月26日のオリエンタルランドの30年3月期連結決算説明会でも拡張計画の詳細に関する発表はなし。オリエンタルランド関係者は「拡張計画について何か決めるとなると必ず米ウォルト・ディズニーの了解がいるので、どうしても時間がかかってしまう」と内情を明かす。
 そもそも拡張計画が持ち上がったのは、TDRの顧客満足度低下が背景にある。日本生産性本部サービス産業生産性協議会の「JCSI(日本版顧客満足度指数)」調査結果によると、26年度までは1~2位を維持してきたが、27年度に調査対象の変更があったとはいえ、11位に急落。28年度は27位、29年度は36位まで落ち込んだ。
 この間、TDRで実施されたのは26年度から3年連続の入場料値上げだ。1デーパスポート大人料金は26年3月まで6200円だったものが、26年4月に6400円、27年4月に6900円、28年4月には7400円まで値上がりした。普通車の駐車料金も27年3月まで全日2000円だったのが、4月からは平日2500円、土日祝日は3000円に上がった。
 入場料や駐車料金の値上げで一時期の激しい混雑は緩和されたが、目玉となる新アトラクションの導入がなく、値上げに見合う値ごろ感は低下。今後はTDSとTDLで新エリアをオープンし顧客満足度を上げる手を打っているものの、33年度以降は具体的な姿が見えていない。拡張計画は中長期的な観点から見た顧客満足度向上の重要な一手なのだ。
 それだけにオリエンタルランドにとっても、米ウォルト・ディズニーにとっても拡張計画は失敗できない事業であり、詳細の発表には慎重にならざるを得ない。TDRは目の肥えたリピーターが入場者の中核を占めており、こうした入場者の期待感を満たすのも容易ではないのだ。
 複数のオリエンタルランド関係者によると、拡張計画の詳細は、今後の内部調整の行方次第のところもあるが、年内のそう遅くない時期までに発表される見通しだという。発表段階ではオリエンタルランド、米ウォルト・ディズニーの双方が自信を持って中身を仕上げているはずなので、その時を注目して待ちたいと思う。(経済本部 桑原雄尚)
 オリエンタルランド 昭和35年に京成電鉄や三井不動産などが出資して設立。当初は独自のレジャーランド施設の設立を目指し、千葉県浦安沖を埋め立てて事業を進めた。その後、54年に米ウォルト・ディズニーとの契約にこぎ着け、東京ディズニーランド(TDL)を58年4月に開業し、日本最大のレジャー施設に成長させた。平成13年9月には東京ディズニーシーを隣接地に開業。両施設を合わせた東京ディズニーリゾートの29年度の入園者数は計3010万人。