公園トイレで死産 「供養して」と老人保健施設に新生児遺棄した42歳女 

衝撃事件の核心
女が出産した遺棄現場近くの公園の公衆トイレ。事件発覚から4日後、規制テープが張られ、「使用禁止」となっていた=6日、前橋市(住谷早紀撮影)

 JR新前橋駅から約2キロ離れた前橋市内の住宅街の公園では、何事もなかったかのように子供たちが元気に駆け回っている。だが4月1日、その公園トイレで、42歳の女が誰にも気づかれずに新生児を死産していた。新生児の遺体を紙袋に詰め、女は用意したメモを袋に貼った。「子供を死産した。供養してほしい…」。

 2日早朝、前橋市内の老人保健施設は騒然となった。午前5時25分ごろ、給食委託業者の男性が施設裏の通用口から入室しようとしたところ、通用口から少し離れた地面に、黒い紙袋とメモが置かれているのを発見。内容を確認した男性は、慌てて夜勤中の施設職員に知らせた。

 その後、駆けつけた施設長と群馬県警の警察官が、出産時の血液が付着したままの女の新生児の遺体を確認。死体遺棄事件として、捜査を開始した。

 防犯カメラに一人で歩く女の姿…

 事件発覚から丸2日が経過した4日、県警は新生児を遺棄した“母親”を市内のインターネットカフェで発見、逮捕した。42歳の住居不定の女は容疑を認め、「処置に困り、供養してほしかった」と供述。女は自称独身で未婚、高崎市出身だが、妊娠前から住居不定無職という。

 今回の出産が初産と説明しているが、逮捕時は「衰弱した様子はなく、普通だった」(捜査関係者)。新生児の遺体に外傷はないものの、呼吸した形跡がなかったことから県警は死産児と判断。在胎約9~10カ月とみられるという。

 施設の男性職員によると、施設入り口付近に設置された防犯カメラには1日午後6時半ごろ、紙袋を持ち、一人で歩く女の姿が映っていた。女は、施設近くの総合病院を通過し、施設方向へ向かってきたという。「総合病院付近には人が大勢いたため、子供を置けなかったのでは」と男性職員は推測する。

 花を見て、感じてもらえれば…

 事件後、施設前には、遺棄された新生児をしのぶ献花が絶えない。男性職員らは、全ての捜査が終了するとみられる2カ月後まで、献花を続けるという。

 事件とは全く無関係の施設だが、「母親が残した『供養して』とのメモを見て、『何もしない』というのは気が治まらない」と施設の職員らで決めたという。「今後、女性が現場検証に同行したとき、花を見て、何かを感じてもらえればいい。女性はまだ42歳。人生をやり直すことはできるはず」と、男性職員つぶやいた。 

 女がなぜ一人で公園のトイレで産み落としたのか、なぜ遺棄したのか。女の経歴、当日の行動も含め、遺棄された名もない子供のためにも、全容解明が待たれる。

 (前橋支局 住谷早紀)